著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「虫」の英語|2つの英単語と関連する表現一覧を紹介!

のべ840がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「蜂」や「てんとう虫」など、様々な「虫」を英語で言えますか?

「虫眼鏡」「虫刺され」「虫除けスプレー」など、「虫」は身近に使う言葉です。

でも、意外と「虫」に関する英語は、使いたい時に英語ですぐに出てこない表現ではないでしょうか?

よってここでは「虫」に関する英語を詳しくご紹介します。また、豆知識として「コンピューターバグ」の語源などもご紹介します。知っておくだけでも、ちょっと知的になりますね。

目次:

1.「虫」の基本英語と発音
1-1.英語の「insect」で「虫」を表現
1-2.英語の「bug」で「虫」を表現
2.色々な虫の英語名
3.「虫」に関連する英語表現

1.「虫」の基本英語と発音

まずは、「虫」の基本表現を2つ確認しましょう。

1-1.英語の「insect」で「虫」を表現

「虫」は、一般的に英語で「insect」です。

「insect」の発音は下記となります。

読み方
音声
発音記号
インセクト
http://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/05/insect.mp3
ínsekt

「虫刺され」は英語で、一般的には「insect bite(s)」です。

「bite(バイト)」は「噛む」という意味で、日本語の「刺す」とは違う表現を使います。「bite」名詞形でも使うことができ、意味は「噛むこと」「かみ傷」です。

蚊やダニ、ノミ、ムカデなどに刺された場合は、この「bite」を使います。

1-2.英語の「bug」で「虫」を表現

口語表現では「bug」という場合もあります。

「bug」の発音は下記となります。

読み方
音声
発音記号
バグ
http://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/05/bug.mp3
bˈʌg

「bug」は主に小さな虫のことで、特に血を吸ったり、刺すような害虫に使う表現です。「ウイルス」や「微生物」という意味もあります。

因みに、「ミミズ」や毛虫など、細い足が無い虫は「worm(ワーム)」で、「幼虫」は英語で「larva(ラーヴァ)」です。「larva」は、一般的な幼虫ですが、「甲虫の幼虫」は「grub(グラブ)」、「蝶などの幼虫」は「caterpillar(キュタピラー)」となります。

「虫」:コンピューターバグの語源

コンピューターの不具合の場合に日本語でもよく使う「バグ」という表現。

英語でも「bug」なのですが、なぜ「不具合」を「bug(虫)」というのでしょうか?

実は、この「bug」の語源は本当に「虫」と関係しています。

コンピューター初期の時代に、ある女性がコンピューターを使っているとよく小さな虫(蛾)が入り込んでしまい、故障していました。

そして、虫を取り除くと不具合は解消されました。まさに「bug」が原因で「不具合」が起こっていたため、彼女はコンピューターの不具合を「bug」と呼び、不具合を解消することを「虫を取り除く」という意味の「debug」と呼ぶようになりました。

2.色々な虫の英語名

様々な種類の「虫」の英語名を確認しましょう。

  • 「蚊」:mosquito(モスキート)
  • 「蛾」:moth(モス)※「th」の発音に注意です。幼虫の「毛虫」は「hairy caterpillar(ヘアリー・キャタピラー)」です。
  • 「ハエ」:fly ※「fly(フライ)」は「ハエ」以外でも、羽があり飛び回る虫全般を指す表現です。
  • 「蜂」:bee ※ミツバチは「honey bee(ハニー・ビー)」、「スズメバチ」は「hornet(ホーニット)」です。「蜂の巣」は「beehive(ビーハイヴ)」です。
  • 「蝶」:butterfly ※アゲハ蝶は「swallowtail butterfly(スワローテイル・バタフライ)」、モンシロチョウは「cabbage butterfly(キャビッジ・バタフライ)」です。
  • 「バッタ」:grasshopper ※イナゴや、キリギリスなども「grasshopper(グラスホッパー)」です。
  • 「てんとう虫」:ladybug(レイディーバグ) ※イギリス英語では「ladybird(レイディーバード)」です。
  • 「カブトムシ」:beetle(ビートル)
  • 「カマキリ」:mantis(マンティス)
  • 「クワガタ」:stag beetle(スタグ・ビートル)
  • 「セミ」:cicada(シケイド)
  • 「カメムシ」:stinkbug ※「stink(スティンク)」は「臭い」という意味です。直訳すると「臭い虫」でそのままですね。
  • 「ミミズ」:earthworm(アースウォーム) ※「earth」は「大地」で、「大地を耕してくれる虫」だから「earthworm」です。
  • 「ダンゴムシ」:pill bug ※「pill(ピル)」は「丸い形の薬」で、「pill」のように丸くなるため「pill bug」です。
  • 「ダニ」:tick(ティック)
  • 「アリ」:ant(アント) ※「女王アリ」は「queen ant(クイーン・アント)」、「働きあり」は「worker ant(ウァーカー)」です。「シロアリ」は「termite(ターマイト)」です。
  • 「アメンボ」:pond skater ※「pond(ポンド)」は「池」「沼」です。「池や沼を滑る虫」なので「pond skater(ポンド・スケーター)」と呼ばれています。
  • 「シラミ」:louse(ラウス) ※複数形は「lice(ライス)」です。お米の「rice」と発音が似ていて、「rice」を発音する時は「r」をしっかり発音しないと、ネイティブには「lice」(シラミ)と聞こえてしまうので要注意です。
  • 「蚕」:silk warm(シルク・ウォーム)
  • 「ゴキブリ」:cockroach(コッコローチ)
  • 「トンボ」:dragonfly(ドラゴンフライ)
  • 「ホタル」:firefly(ファイヤーフライ), lightning bug(ライトニング・バグ)
  • 「アブラムシ」:aphid(エフィッド)
  • 「カタツムリ」:snail(スネール)
  • 「クモ」:spider(スパイダー)
  • 「ムカデ」:centipede(センティピード) ※「centi」は「100」という意味の接頭辞です。「centimeter」(センチメーター)にも同じ接頭辞がついています。「ped」は「足」です。つまり、「百の足」で「ムカデ」です。日本語の「ムカデ」も漢字で「百足」なので同じですね。

ここでは、日本でも良く知られているものを選びました。普通の生活でよく使う「蚊」「ハエ」「蜂」などから覚えましょう。

3.「虫」に関連する英語表現

「虫除けスプレー」など、「虫」の関連表現を見てみましょう。

  • 「昆虫学」:entomology(エントモロジー)
  • 「害虫」:harmful insect ※「harm(ハーム)」は「害」、「harmful(ハームフル)」は「害になる」です。「ネズミ」など小動物も含めた総称は「vermin(ヴァーミン)」です。
  • 「さなぎ」:pupa(ピューパ)
  • 「アナフィラキシー・ショック」:anaphylaxis shock
  • 「殺虫剤」:insecticide(インセクティサイド)
  • 「虫除けスプレー」:bug spray(バグ・スプレー), insect repellent(インセクト・リペレント) ※「蚊よけ」の場合は「mosquito repellent」でもOKです。
  • 「虫歯」:cavity(キャヴィティー) ※複数形は「cavities」です。
  • 「虫眼鏡」:magnifying glass ※「magnify(マグニファイ)」は「拡大する」です。
  • 「水虫」:athlete’s foot ※「athlete(アスリート)」(運動選手)がなりやすいというイメージがあるようです。
  • 「虫の知らせ」:premonition(プリモニション) ※「嫌な予感」という意味です。
  • 「害虫駆除」:pest control(ペスト・コントロール):

まとめ:「虫」の英語は会話では良く聞くものばかり!

「虫」に関する表現は、基本の「insect」と「bug」、また「worm」など、それぞれのニュアンスの違いをまず覚えましょう。

虫に刺されるは、「噛む」の「bite」が多く使われるというのも、大切なポイントです。様々な「虫」の単語や、「虫」関連の表現は、数が多いので生活に身近な表現から覚えていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計5万0251人が体験中の無料勉強法
(2017年9月20日現在)


●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta