著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「クジラ(鯨)」の英語|発音・複数形・種類や15個の関連英語・スラングなど

のべ78がこの記事を参考にしています!

クジラ(鯨)の英語の正しい発音は「ウェイル」と読みますが、今まで「ホエール」と間違っていませんでしたか?

クジラにも「ザトウクジラ」、「マッコウクジラ」などいくつかの代表的な種類がありますが、その英語をご存知ですか?

また、クジラにも似た、イルカ、シャチなどの英語もこの機会に覚えておくと英語の幅が広がりますね。

よって今回は、クジラの英語だけではなく、それに関連した英語の捕鯨や哺乳類など、また例文も覚えることで英語力が付いていきます。

目次:

1.「クジラ」の英語の正しい発音・関連英語や例文
2.クジラの種類・雄雌・似た哺乳類の英語
3.「whale」のスラング

1.「クジラ」の英語の正しい発音・関連英語や例文

クジラの英語(単数)は「whale」です。

「whale」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
ウェイル
wéɪl

複数形は「whales(ウィエルズ)」と「s」が濁るので注意しましょう。

因みに、多くの日本人の方がクジラを「ホエール」と発音するのには原因があります。

1978年から1992年まで、日本のプロ野球球団として「横浜大洋ホエールズ」というのがあり、その影響だと言われています。現在の横浜DeNAベイスターズの前身で、親会社の大洋漁業株式会社が捕鯨を中心とした会社だったためです。

豆知識として触れておきましょう。

また、下記が関連英語をその例文です。

  • ホエールウォッチング(whale watching)・・・例文:Let’s go whale watching.(クジラを見に行こう!)
  • クジラの肉(whale meat)・・・例文:I cannot eat whale meat.(クジラの肉は食べれません)
  • 捕鯨(whale fishing/whaling)・・・例文:Whaling is prohibited.(捕鯨は禁止されています) ※「whale」は「捕鯨する」とう動詞にもなります。
  • 哺乳類(mammal・マモー)・・・例文:I didn’t know that whales are mammals.(クジラが哺乳類とは知りませんでした)
  • クジラの群れ(a herd of whales/a group of whales)・・・例文:I saw a herd of whales.(クジラの群れを見ました)
  • クジラの竜田揚げ(deep-fried whale meat)・・・例文:I used to like deep-fried whale meat.(昔はクジラの竜田揚げが好きでした)

など。

2.クジラの種類・雄雌・似た哺乳類の英語

さて、先ずはクジラの雄雌の英語から見てみましょう。

  • 雌クジラ・・・cow whale(カウ・ウェイル)
  • 雄クジラ・・・bull whale(ブル・ウェイル)

次が代表的なクジラの種類の英語を確認します。

  • ザトウクジラ・・・humpback whale(ハンプバック・ウェイル) ※「humpback」は猫背のという意味があります。
  • マッコウクジラ・・・sperm whale(スパーム・ウェイル) ※「sperm」は精子という単語でもあります。
  • シロナガスクジラ・・・blue whale(ブルー・ウェイル)

イルカやシャチの英語も押さえておきましょう!

  • イルカ・・・dolphin(ドルフィン)
  • シャチ・・・killer whale(キラー・ウェイル)、orca(オーカ) ※どちらとも使えます。「killer whale」ですが、シャチはクジラも襲うことがあるというのが由来で恐ろしく思えますが、イルカの仲間です。
  • サメ・・・shark(シャーク)

3.「whale」のスラング

さて、この「whale」ですが、スラングとしても使われることがあります。

一般的に、特に初心者の方は使う必要がありませんが、知識として知っておくことでリスニングなどにも役立ちますので、押さえておきましょう!

下記がその代表的な使い方です。

  • 動詞・・・強く打つ ※例文:They whaled at each other.(彼らはお互いに強く打ちまくっていた)
  • 名詞・・・カジノや賭博で大金を賭ける人 ※例文:He is always a whale.(彼はいつも博打で大金を賭けます)
  • 熟語・・・素晴らしい時間 ※例文:I had a whale of time with you.(あなたと素晴らしい時間を過ごしました)「a whale of ~」は「めちゃくちゃ素晴らしい~」という場合に使える表現です。

まとめ:「クジラ」の英語の「whale」だけ覚えない!

いかがでしたでしょうか?

クジラの英語の「whale」だけ覚えても英語力は少ししかアップしませんが、その他の関連表現など押さえることでドンドン語彙力が付いていきます。

因みに、クジラの英語「whale」を使ったことわざは次のようなのがあります。

「Throw a sprat to catch a whale.」(直訳:クジラを捕まえるにはニシンをまきなさい)

これは、少しの労力で大きな収穫を得るという、日本のことわざの「海老で鯛を釣る」になります。

「whale」が大きいのでイメージしやすいですね。これも参考にしてみて下さい。

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)