著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「特に」の英語|間違いやすい7つの表現の使い方や発音・略・例文など

のべ142がこの記事を参考にしています!

「日本料理の中で、特にお寿司が好きです」、「他の教科に比べて、特に英語を頑張りたい」などの時に使う「特に」。

挨拶の返事で「特に何もない」という場合に使う「特に」、など。

辞書で調べようとすると次のような単語が出てきますが、同じような表現でいつ何を使えばいいのか分からないですよね?

下記がよく使われる表現です。

  • especially
  • specially
  • particularly
  • in particular

ややこしいですし、違いが曖昧ですね。

また、文中に置けばいいのか、文末、または文頭なのかの位置もシッカリと把握する必要があります。

よって今回は、どの場面でどの「特に」の単語を使えばいいのか、その違いや使い方などを中心に例文を使いながら詳しく解説していきます。是非、英会話やメールなどのライティングにも活かして下さい。

目次:

1.「especially」
2.「specially」
3.「particularly」
4.「in particular」
5.その他の「特に」の表現
・notably
・above all
・really

1.「especially」

先ずは、「特に」の英語で口語でも文語でもネイティブがよく使う副詞の「especially」から見ていきましょう。

「especially」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
エスぺシャリー
espéʃəli

「その中でも特に」や「他と比べて特に」という場合に使います。

下記がその例文です。

  • I like Japanese food, especially Sushi.(日本食は好きですが、特に寿司が好みです) ※日本食全般は好きだけど、その中でも特に寿司が好きだと強調しています。
  • I’m especially bad at English.(特に英語が苦手です) ※他の教科も苦手だけど、特に英語が苦手ということを強調しています。

例文のように、「especially」を使うのは、文中が多いですね。

とりわけ、特にという和訳になります。

SNSやメールなどで、カジュアルに表現する場合の略語は「esp」となります。よく見る表現なので押さえておきましょう。

また、「とても・非常に」という場合にも使えるのが「especially」です。これは後に紹介する「really」と同じ意味です。

This dish is especially good.(この料理はとても美味しい)など。

話は少し変わりますが、メッセージカードなどで「Especially for you」という表現を見たことがありますか?

このフレーズは定番で、「特別にあなたのために」という意味になります。

その場合は、次にご紹介する「specially」と同じ意味になります。

要するに、「especially」は使う場面で、少し意味やニュアンスが異なることを覚えておきましょう。

2.「specially」

これも副詞の表現となります。

「specially」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
スぺシャリー
spéʃəli

発音でも、「espcially」の「e」が無いだけですが、

普段とは違う、特別に、わざわざ、VIP待遇など様々な意味で使える単語が「specially」です。

下記がその例文です。

  • I bought this birthday present specially for you.(このプレゼントを特別にあなたのために買いました) ※この場合は、「especially」に置き換えることもできます。
  • They were entertained specially.(彼らは特別にもてなされた) ※他の方とは違い、特別に接待されているイメージです。 このような文の場合は文末に置くことが多いですね。

形容詞は「special(スペシャル)」で日本語でもあるので、何となくニュアンスは掴みやすいのではないでしょうか。

挨拶でもこの「special」で「特に・特別に」という意味で使う場合があります。

下記がネイティブもよく使う挨拶の一部なので参考にしましょう。

  • 挨拶:What’s up?(何しているの?)
  • 返事:Nothing special.(特に何もないよ)

など。

3.「particularly」

「especially」と同じ意味で使わえることがある単語が「particularly」です。

「particularly」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
パティキュラリー
pɚtíkjʊlɚli

口語であまり使われることはないです。

あるポイントを強調する場合にも使えるのも「particularly」です。これも「especially」や「really」と同様ですね。

  • He is particularly good at cooking.(彼はとりわけ料理が得意です) ※他にも色んなことがもできるけど、その中でも料理が上手いというニュアンスです。
  • I don’t particularly like this.(これを大いに嫌いです) ※「I don’t really like this.」と同じ意味で使われています。

4.「in particular」

この表現は「particularly」の名詞の「particular」を使います。

「particular」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
パティキュラー
pɚtíkjʊlɚ

この2語の熟語表現の方が「particularly」よりも使われることが多いです。

フォーマルな論文でも会話の口語でも使われ、「especially」は文頭で使うことはあまりありませんが、「in particular」は文頭でも使えるのでとても役立ちます。

  • Not in particular.(特に何もありません) ※「何か知りたいことありますか?」など、相手の質問に対しての返事としてもよく使います。
  • In particular, I suggest that you read this book.(特に、私はこの本をあなたが読むのをおすすめします)

また、「in particular」は「詳細」という意味もあります。

5.その他の「特に」の表現

さて、ここでは「特に」の他の表現も知識として押さえておきましょう。英会話の幅が広がり、英語力もUPします。

notably

「notably(発音の読み方:ノータブリー)」はとてもフォーマルな表現で、「especially」と同じような使い方ができます。

他と比較した「特に」や比較しなくても程度が「著しく」という場面のどちらでも使える副詞です。

  • It was notably different from the other one.(他のよりも特に違っていました)
  • Notably, he is famous for his book.(とりわけ、彼はこの書籍で有名です) ※文頭に置いて、「著しく」という意味を表現しています。

など、ビジネス会議や論文などのフォーマルな文書で使われますが、口語での会話ではあまり使われることはありません。

above all

それらより特に、という他の要素を比較してもそれが特に一番、というパターンの時に使う表現で、「among others」や「the best of all」などの表現と同じです。

  • Above all, you should do this.(何よりもまず特にこれをすべきです) ※それまでに、いくつかの候補を挙げているけど、特に~という場合に使います。
  • Among others, he played the hardest.(他の誰よりも一生懸命プレイしました) ※第三者たちと比較してという場合に使う表現です。
  • Best of all, it was cheap.(何よりも安かった) ※料理の味も雰囲気もよかったけど、何よりも、特に安かったということを強調しています。

これらは、文頭で使われることも多く、仕事のプレゼンやスピーチなどの口語でも使える表現です。

really

今回紹介する「特に」の中でも一番口語的な表現ではありますが、「especially」の1つの意味と同じように程度の大きさを表現する場合が多いです。

  • I really love this.(私は本当にこれが好きです) ※「特別にこれが好き」という強調する場合についます。
  • He was really nice to me.(彼は特に私には優しかったです) ※他の方にはあまりそうではなかったということを強調しています。

など。

まとめ:場面により上手く使い分けてみよう!

いかがでしたか?

カジュアルにも使える「especially」や「really」で、フォーマルは「particularly」や「notably」。

また、文頭には「especially」は使わずに、その場合は「in particular」など、シッカリと使い分ける必要があります。

一気に全て把握するのは難しいと思いますが、今後、リーディングをする場合にも気を付けて見てみることで、徐々にマスターできるようになりましょう!

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)