著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「環境」の英語|会話でも使える!3つの英単語の発音と違い

のべ21,673がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「環境」を英語で表現できますか?

「自然環境」、「家庭環境」、「ネットワーク(wifi)環境」など「環境」は幅広く使われる表現です。

「環境」という意味の英語はいくつかあり、その違いを知って場面や伝えたいことに応じて使い分ける必要があります。

また「温暖化」や「エコ」など関連した英語もたくさんあります。それらも押さえておくと英語力の幅が広がります。

よって今回は、「環境」の英語と、「環境を変える」「いい環境」「環境省」など様々な「環境」に関する表現を確認しましょう。

目次:
1.「環境」の基本英語と発音
2.「環境」を表わすその他の2つの英語と違い
2-1.英語の「surroundings」で「環境」を表現
2-2.英語の「circumstances」で「環境」を表現
3.「環境」の英語「environment」の派生語
4.「環境」に関連した英語表現一覧と略語

1.「環境」の基本英語と発音

一般的に使われる「環境」を表わす英語は「environment」です。

「environment」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
インヴァイラメント
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/01/environment.mp3
ɪnvάɪ(ə)rə(n)mənt

※eは「イ」の発音で、2つ目のnは発音しないことが多いです。アクセントの位置にも注意しましょう。

「environment」は自然環境だけでなく、今生活している場所、状況の環境など幅広い意味での「環境」全般に使う表現です。

2.「環境」を表わすその他の2つの英語と違い

「environment」の他に、会話や文語の中でも「環境」を表わす英単語が2つあります。

それぞれを確認してみましょう。

2-1.英語の「surroundings」で「環境」を表現

「surroundings」は、身の回りの取り巻いている「環境」です。

通常、複数形で表現します。単数形の「surrounding」は「包囲」などの意味です。

「surroundings」は「environment」より具体的で、身近な環境を指します。

「surroundings」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
サラウンディングス
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/01/surroundings.mp3
sɚáʊndɪŋs

2-2.英語の「circumstances」で「環境」を表現

「circumstances」(複数形)は「事情」と訳されることが多い単語で、「経済的な状況」「境遇」などで、「環境」と訳されることもあります。

「surrondings」と同様に複数形で表現します。

「under the circumstances(そのような事情・状況で)」や否定形の英文の方で「under any circumstances(どのような環境でも~ない)」という熟語がよく使われます。

「circumstances」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
サーコムスタンシィーズ
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/01/circumstances.mp3
sɝ́kəmstæ̀nsəz

3.「環境」の英語「environment」の派生語

「environment」には、派生語がいくつかあります。

英会話でも使えるものですので、名詞の「環境」以外の英語にも目を通すだけでも役立ちます。

  • environmental(インヴァイラメンタル):環境の(形容詞)
  • environmentally(インヴァイラメンタリー):環境的に、環境上(副詞)
  • environmentalism(インヴァイラメンタリズム):環境説(名詞) ※-ismは、「~説」「~主義」を表わす単語に使う接尾辞です。
  • environmentalist(インヴァイラメンタリスト):環境問題の研究者、環境保護主義者(名詞) ※「-ist」は「主義者」や「専門家」を表わす単語に使う接尾辞です。

これらの単語を、別々に覚えると長くて難しい単語ですが「environment」とセットで確認すると、語尾(接尾辞)が違うだけなので簡単ですよね!

単語を覚える時は、このように派生語もセットで覚えるのがおすすめです。

4.「環境」に関連した英語表現一覧と略語

「環境にやさしい」など「環境」に関する表現はたくさんあります。

また、「エコ」や「温暖化」などの関連表現も押さえておきましょう。

しかし、これらは全て覚える必要はなく、使いそうなものや、基本的なものだけ覚えればOKです。

また外務省が開示している環境略語集というのがあります。英字新聞やニュースを英語で見る際にも役立つものです。お時間のある時にでも目を通しておきましょう。

環境略語集 → 『https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/ryakugo/

  • 環境問題:environmental issue ※「issue(イシュー)」は「問題」や「課題」です。
  • 環境破壊:environmental destruction ※「destruction(ディストラクション)」は「破壊」です。
  • 環境汚染:environmental pollution ※「pollution(ポリューション)」は「汚染」や「公害」の意味です。
  • 環境アセスメント:environmental assessment ※「assessment(アセスメント)」は「評価」などです。
  • 家庭環境:one’s home environment ※「one’s」のところは「my」などの所有格が入ります。
  • 作業環境:working environment ※「職場環境」という表現にもなります。
  • 生育環境;growing environment ※「grow(グロウ)」は「育つ・育てる」という動詞です。
  • 子育て環境:child-rasing environment ※上記の「growing environment」よりこちらがよく使われます。また、「child care environment」でもOKです。
  • 育った環境:the environment I grew up.(直訳:私が育った環境) ※「upbringing(名詞)」も同じ意味があります。
  • 社内(職場)環境:work environment
  • 室内環境:indoor environment
  • 栽培環境:cultivation environment ※「growing condition(栽培条件)」という表現でもOKです。
  • クリーンな環境:clean environment
  • 新しい環境:new environment
  • 最適な環境:the most suitable environment ※「suitable(スータブル)」は「適切な」です。「the most」を付けて「最適な」としています。
  • 厳しい環境:severe environment ※「severe(シヴィア)」は厳しいという形容詞です。「strict environment」や「tough environment」などでも同様です。
  • 最先端の環境:the forefront environment ※最先端という英語の「cutting-edge」や「the state-of-art」などの形容詞を使っても構いません。
  • IT環境:IT environment
  • ネットワーク環境:network environment ※「internet connection」でも構いません。「インターネット接続環境」としても使えます。
  • Wifi環境:Wifi connection
  • パソコン環境:PC environment
  • サーバー環境(本番環境、テスト環境):testing environment(テスト環境)/production environemnt(本番環境)
  • 環境依存文字:platform dependent characters ※「machine dependent characters」でも同様です。
  • 環境要因:environmental factor ※「factor(ファクター)」は「要因」です。
  • よくない環境:hostile environment ※「hostile(ホスタイル)」は「敵意のある」や「敵の」という意味で、ここでは「好ましくない」という意味で使われています。厳しい環境とも訳せます
  • よい環境:favorable environment ※「favorable(フェイヴァラブル)」は「好意のある」や「有益な」という意味です。単純に「good environment」でもOKです。
  • 慣れている環境:the environment I am used to(直訳:私が慣れている環境)
  • 働きやすい環境:good working environemnt ※「friendly」などの形容詞も使えます。
  • 落ち着いた環境:calm environment
  • 心地よい環境:comfortable environment
  • 環境を整う:regulate environment ※「regulate(レギュレイト)」は「規制する」という英語です。
  • 環境にやさしい:eco-friendly(イコー・フレンドリー), environmentally friendly ※「friendly」は「友好的な」や「やさしい」です。
  • (地球)温暖化:Global warming
  • エコ(エコロジー):green ※「環境に優しい」という意味では「green(グリーン)」となります。「eco-friendly」と同様です。
  • エコバッグ:reusable bag ※「また使えるバッグ」という意味です。「green bag」や「eco-bag」でも通じます。
  • 環境有害物質:environmental toxin
  • リサイクル(再利用):recycling(名詞)
  • 環境に馴染む:become comfortable with the environment ※「comfortable(カンファタブル)」は「居心地が良い」です。
  • 環境に順応する:attune oneself to the environment ※「attune(アトゥーン)」は「~に調子を合わせる」という意味で、ここでは「順応させる」という意味で使っています。「adjust(アジャスト)」でも同様です。「oneself」のところは「myself(自分自身)」や「himself(彼自身)」などとなります。
  • 環境に馴染めない:depayse(デバズ) ※フランス語表現がそのまま英語になっています。「I cannot get used to the environment」と同様です。
  • 環境に慣れる:get used to the environment ※「get accustomed to」が更にフォーマルな言い方です。
  • 環境が変わる:The environment has been changed.
  • 環境に配慮する:consider the environment
  • 環境を大切にする:care for the environment ※「respect the environment」でも構いません。
  • 環境を受け入れる:accept the environment
  • 環境に与える悪影響:environmental ramifications ※「ramification(ラミフィケイション)」は事態を複雑にしてしまうような「予想しない結果、問題、影響」の意味で、ここでは悪影響の意味で使われています。
  • 英語(が話される)環境:English-language environment
  • 環境を変える:change the environment ※「change the surroundings」という場合もあります。
  • 環境の変化:change of scenery ※イギリス英語で使われる表現です。「scenery(シーナリー)」は「景色」や「風景」という意味です。
  • 環境の影響:the influence of environment ※「influence(インフルエンス)」は「影響」の意味です。
  • 環境との調和:harmony with the environment ※「harmony(ハーモニー)」は「調和」です。
  • 環境負担:the burden on the environment ※「burden(バードゥン)」は「負担・重荷」です。
  • 開発環境:development environment
  • 環境改善:environment improvement
  • 環境省:Ministry of the Environment ※「ministry(ミニストリー)」 は「省」の意味があります。Ministry of Economy(経済産業省)、Ministry of Justice(法務省)、Ministry of Education(文部省)
  • 環境大臣:Minister of the Environment ※「minister(ミニスター)」は「大臣」の意味です。

まとめ:「環境」の英語は基本を押さえて使い分けよう!

環境に関する英語は、まず一番多く使う「environment」を押さえましょう。

あわせて、「環境」の意味がある他の単語とその違いを覚えて置くと、幅広く会話で使うことができます。

「環境」に関する表現は、ニュースなどで多くでてきますが、ここでご紹介した関連英語をその都度覚えるだけで大丈夫です。勿論、既に新聞を読んだりする方は、ある程度知っておくと大変便利です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta