著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「検査」の英語|病院で使う39個の医療英会話・医学フレーズと単語

のべ392がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「精密検査」や「血液検査」など、通常の診察以外で診断するのに病院ではそのような検査がありますね。

お医者さんであれば、外国人の患者に伝える必要がありますし、あなたが海外の病院で患者として診てもらっている場合にはリスニングで理解する必要があります。

診察室の中で血圧を測ったり簡単なものから、血液検査やCT検査など精密検査的なものまで、検査の表現は多岐にわたります。

ここでは、厳選して内科、外科両方の病院での検査で使える英語フレーズや検査で使う医療器具の英語もご紹介しています。あなたが医者、患者のどちらの立場でも困らないように習得しておきましょう!

目次:

1.「検査」の英語と読み方
2.検査で使う医療器具の英語の名称一覧
3.検査での関連英語表現
4.検査で使える厳選英語フレーズ

1.「検査」の英語と読み方

病院の医療現場での「検査」は「checkup」「exam(イグザム)」を使います。

「checkup」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
チェカップ
tˈʃekʌ`p

発音(読み方)の注意点としては、「check」の「k」と「up」の「u」をつなげて発音することです。「チェック・アップ」と話して発音しないように注意しましょう。

また、「checkup exam」でも同様の意味になります。「健康診断」という場合にも使える表現です。

一方で、医療での検査以外の一般的な「検査」は、「inspection(インスペクション)」という単語を使います。

会計検査は「audit(オーディット)」、機械などを分解して検査する場合は「overhaul(オーヴァーホール)」と別の単語を使うのでその点は注意が必要です。

また単純で日常会話の簡単な表現は「check」や「test」を使うことも多々あります。

動詞の「検査する」は、「examine(イグザミン)」、「do(performe) a checkup」という表現を使います。

一方、患者側の「検査を受ける」は「have a checkup」や「have an exam」などでOKです。

2.検査で使う医療器具の英語の名称一覧

病院や診察室で検査する時には症状などによりその医療器具が異なります。

ここでは、一般の検査から精密検査までの工程でよく耳にする医療器具の英語をご紹介します。

  • 聴診器:stethoscope(ステソスコープ)
  • 血圧計:manometer(マノミター)※正式は「sphygmomanometer」です。また、「blood pressure monitor」でも同様です。
  • CTスキャン:CT scan ※正式には「computed tomography scan」となります。
  • 胃カメラ:fiberscope ※「gastro camera」でも通じます。
  • MRI:MRI ※正式には「magnetic resonance imaging」です。
  • エコー(超音波):ultrasound
  • レントゲン:X-ray
  • 心電図:ECG ※「electrocardiogram」の略です。
  • 体温計:thermometer(サーモーミター)
  • 耳鏡:otoscope(オートスコープ)
  • 鼻鏡:rhinoscope(ライノスコープ)
  • 舌圧子:tongue depressor ※「depress(ディプレス)」は押さえつけるという英語です。

3.検査での関連英語表現

検査と一言で言っても、様々な表現があります。

よく使われる「検査」に関連した表現を押さえておきましょう!

また基本の「視診」は「visual examination」、「触診」は「palpation(パルペイション)」と言います。

  • 血液検査:blood test ※「blood exam」でも同様です。
  • 尿検査:urinalysis(ユーリナリシス) ※「urine analysis」でも同様です。
  • 便検査(検便):stool examination ※「stool(ストゥール)」は「便(排便)」です。
  • 身体検査:medical checkup ※「健康診断」でも同様の単語を使います。
  • 検査入院:be動詞 + hospitalized for a medical checkup.
  • 精密検査:detailed examination ※他に「close exam(checkup)」や「complete exam(checkup)」などの表現でもOKです。
  • 検査項目:examination item
  • 検査結果:examination result ※「examination outcome」などの表現でも同様です。
  • 再検査:re-examination
  • 臨床検査:clinical examination
  • 視力検査:vision test ※「eye test」でも同様です。
  • 聴力検査:hearing test ※「audiometry(オーディオメトリー)」という医学用語でも構いません。
  • 肺活量測定検査:spirometry ※「test for respiratory function」という表現でもOKです。
  • 胃内視鏡検査:gastroendoscopy
  • 結腸内視鏡検査:colonoscopy
  • バリウム検査:barium examination(test)

因みに検査は病院だけではなく、商品などの検査もあります。

下記は一般的な製品や他の検査に使われる表現です。英語力を広げる意味でもついでに覚えておきましょう。

  • 製品検査:product inspection ※「product test」でも同様です。
  • 品質検査:quality inspection ※「quality test」などでもOKです。
  • 抜き打ち検査:surprise inspection ※「spot(snap) test」なども同様です。因みに「抜き取り検査」は「sampling inspection」です。

4.検査で使える厳選英語フレーズ

これまでは、単語などを中心に見てきましたが、ここでフレーズで「検査」をする時の英語表現を見ていきましょう。

診察室での基本的なフレーズをご紹介します。

実際の医療現場で役立てて下さい。

また、前章の~検査という表現で、「~検査を受ける必要があります」という場合は、「We need to do (検査名).」や「We need to perform (検査名).」などの表現ができます。

  • 深呼吸して下さい(息を吸って、吐いて):Breath in, breath out.
  • 息を止めて下さい:Hold your breath.
  • (喉を見るので)口を開けて、舌を出して、あーと言って下さい:Please open your mouth, stick out your tongue and say ahh.
  • 服を上げて下さい:Remove your cloth from the waist up.
  • 血圧を測ります:I will check your blood pressure. ※「上が120で、下が70です」は「It is 120 over 70.」と表現します。
  • 脈を計ります:I will check your pulse.
  • 体温を測ります:I will check your temperature.
  • 痛みなどがあったら教えて下さい:Please let me know if you have any pain or discomfort.
  • うつ伏せになって下さい:Please lie down on your stomach. ※「仰向け」は「on your back」となります。
  • 右(左)を下にして下さい:Please lie down on your right(left).
  • (後ろ向き)回って下さい:Please turn around.

まとめ:医療英語での「検査」の表現フレーズは押さえておこう!

あなたが外国人を英語で対応してる医者でも、海外の病院での患者でも、「検査」の英語を知っておくだけでも大変役立ちます。

診察の後に何をするのか?

医者、患者でのどちらの立場でも検査の英語を理解しないと不安を与えたり、不安が募ります。

よってここで紹介した単語や表現を事前に知っておきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta