「この英語で通じる?」

この英語で本当に通じるのかな...?これって正しいのかな...?

藤永が直接回答いたします!無料で英語を教えるサービスです。

「勘弁して下さい!」はこの英語で通じる?

言いたいシチュエーション:
仕事中に上司に追加の仕事を頼まれた時
It's too much!

目上の人に使う場合には注意しよう!

I’m so sorry, but I’m afraid I can’t take it right now.

直訳すると、「すみません、(残念ですが)、今、それを取ることはできません」となります。ここでのポイントは「I’m afraid〜」の使い方です。その後に来るのは基本は否定形で、そのままその否定形を使うより、「残念ですが・・・」というニュアンスを含み、丁寧な断り方になります。「I’m」は「I am」の短縮形です。
「afraid(アフレイド)」は、「怖い」という形容詞としても、よく使われます。

Give me a break.

直訳は、「休憩を下さい」となります。「勘弁して!」の代表的な言い方ですが、カジュアルな言い方で、目上の人に使うのは控えましょう。

「英語ヘタ次郎」さんが考えた、「It’s too much!(多すぎ!)」ですと、とても乱暴な言い方になります。友達同士だといいのですが、目上の人や上司には使わない方がいいでしょう。

sp-cta