著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

4つある!「才能」の英語|違いや使い方と12個の関連英語

のべ2,984がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「才能がある」など「才能」を英語で言えますか?

「才能があるピアニスト」、「才能を伸ばす」、「才能を開花させる」など、「才能」に関する表現は色々あります。

英会話でも使えるものばかりです。

しかし、英語ではどんな才能かによって表現を使い分けます。「talent」、「gift」、「ability」などです。

最後には、どれくらい「才能」の英語を理解したのかを試せる、「まとめクイズ」を用意していますので、是非チャレンジしてみましょう!

そこで今回は、「才能」の英語と関連表現を詳しく解説します。様々な表現の意味や使い方を確認して、実際の会話に役立てて下さい。

目次:

1.色々ある!「才能」の英語とその使い方や意味
1-1.英語の「talent」を使って「才能」を表現
1-2.英語の「gift」を使って「才能」を表現
1-3.英語の「ability」を使って「才能」を表現
1-4.英語の「genius」を使って「才能」を表現
2.英会話でも役立つ!「才能」に関連する英語表現

まとめクイズ:「才能」の英語は謙遜せずに表現する!

1.色々ある!「才能」の英語とその使い方や意味

ネイティブがよく使う「才能」の英語を例文などを見ながら違いなどを掴んでいきましょう。

1-1.英語の「talent」を使って「才能」を表現

先ず、「才能」を英語で表現する際の基本が、「talent」(タレント)です。

日本語の「タレント」はテレビなどに出演している芸能人のことを指しますが、英語の元々の意味は「(特殊な)才能」です。

そこから、特殊な才能を持っている人いう意味から「タレント」という意味でも使うことがあります。

「talent」が指す「才能」は生まれつきの秀でた能力のことで、音楽の才能、スポーツの才能、暗記やリーダーシップ、商売の才能など様々な才能に使うことができます。

生まれつきの才能ですが、天からさずかったような類い稀なる才能というよりは、ある程度努力で磨かれたものや、努力で伸びる余地があるものに使います。

「才能」という意味で使う場合は不可算名詞(数えられない名詞)で、「タレント」の意味で使う場合は可算名詞(数えられる名詞)となります。

【例文】

  • 不可算名詞の場合:You have talent.(あなたは才能がある).※または、動詞として使って「You’re talented.」でもOKです。
  • 可算名詞の場合:He has a talent for painting.(日本語:彼は絵を描く才能があります)

※逆に「私は才能がない」は「I have no talent.(I don’t have talent.」となります。

また、「才能があるアスリート」など「才能がある人」について言う場合は、動詞の「talent」を使って「be動詞 + talented ~」という言い方ができます。

【例文】

  • 「彼は才能があるアスリートです」:He is a talented athlete. ※「He has a talent for sports.」などでも同様です。
  • 「彼女は才能があるピアニストです」:She is a talented pianist. ※「She has a talent for piano.

1-2.英語の「gift」を使って「才能」を表現

「talent」と同じように「才能」の意味でよく使われる表現が「gift」(ギフト)です。

「gift」は「贈り物」という意味ですが、「神からのギフト」、「天が授けたもの」つまり、天から授かったような類い稀なる「才能」という意味もあります。

生まれながらの要素が強い表現で、コミュニケーションなどのスキルというよりは、芸術や学問などで使うことが多いです。

「talent」の場合と同様に、「gift」も名詞や動詞として使います。
【例文】

  • 英語その1:He is gifted.(彼には類まれなる才能がある) ※「He has gift.」のようは表現はあまりない
  • 英語のその2.She is a gifted pianist.(天賦の才能があるピアニストです) ※「She has a gift for piano.」でも同様です。

1-3.英語の「ability」を使って「才能」を表現

「ability」(アビリティー)は「能力」という意味ですが、「才能」と訳されることもあります。

一般的な能力に幅広く使える表現で、生まれつきの「才能」だけでなく努力で身につけた「才能」もこの「ability」が使えます。

【例文】

  • 英語:My sister has an unusual ability in Japanese.
  • 日本語:私の妹は日本語にずば抜けた才能を持っている。

1-4.英語の「genius」を使って「才能」を表現

「genius」(ジーニャス)は、「天才」という意味ですが、「非凡な才能」という意味もあります。

普通とはかけ離れた天才的な「才能」に使う表現です。

日本語の「天才」にあたる表現です。

【例文】

  • 英語その1:He is a genius.(彼は天才です) ※因みに「神童」は「a child genius」です。
  • 英語その2:She has a genius for painting.(彼女は絵画の才能がある(絵画の天才です)。

2.英会話でも役立つ!「才能」に関連する英語表現

「才能」の関連表現を確認しましょう。

  • 「才能がある人」:a talented person ※「a gifted person」の表現もあります。
  • 「才能を伸ばす」:develop one’s talent, grow in one’s talent ※「develop(ディヴェロップ)」は「開発する」、「発展する」という意味でよく使われますが、「grow(グロー)」と同様に、能力などが「成長する」という意味でも使えます。また、「one’s」には「my」などの所有格が入ります。
  • 「才能を発揮する」:display one’s talent ※「display」は「見せる・展示する」という英語です。
  • 「才能が開花する」:The talent blooms ※「bloom(ブルーム)」は「花が咲く」という動詞としてもよく使われます。
  • 「才能が豊か」:have many talents ※ニュアンスの違いで、「gifts」としてもOKです。
  • 「優れた才能」:a great talent
  • 「きわだつほどの才能」:an outstanding talent ※「outstanding(アウトスタンディング)」は「素晴らしい」などの形容詞です。
  • 「隠された才能」:a latent talent ※「latent(レイテント)」は「隠れている」という形容詞です。
  • 「才能ある子供」:a talented child ※「a gifted child」の表現もあります。
  • 「生まれながらの才能」:natural abilities ※「gifts」や「talents」の表現もあります。
  • 「多彩な才能」:variety of talents
  • 「~の才能を生かす」:utilizes one’s talent ※「utilize(ユーティライズ)」は「役立たせる」という英語です。

まとめクイズ:「才能」の英語は謙遜せずに表現する!

先ず最初に「才能」の表現で覚えておきたいのは「talent」と「gift」です。

類い稀なる才能は「gift」を使いますが、欧米はキリスト教文化が根強いこともあって「天から与えられた」という意味のこの表現はよく使います。

「才能がない」という表現は日本では謙遜して使うことが多いですが、欧米では自分のことでも「才能がない」とはあまり言いません。外国人の友達に「私は英語の才能がない」なんていうと、「どうしたの?」、「そんなネガティブにならないで」と心配されてしまうこともあるので要注意です。

それでは、最後に次の問題を解いてみましょう!

【問題】

  1. 天から授かったような類い稀なる「才能」の英語は?
  2. 努力で身につけた「才能」の英語は?
  3. 「The talent blooms」の和訳は?
  4. 「彼は才能が豊かです」の英語フレーズは?
  5. 普通とはかけ離れた天才的な「才能」の英語は?

いかがでしたか? 

今すぐ読んだ「才能」に関する英語でも、多少はてこずりますよね。答えを確認して、徐々にでいいのしっかりマスターしましょう!

【解答】

  1. gift
  2. ability
  3. 才能が開花する
  4. He has many talents(gifts).
  5. genius
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta