著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「あちこち」の英語|ネイティブがよく使う!5つの表現と例文一覧

のべ14,790がこの記事を参考にしています!

「あちこち(あっちこっち)」や「どこでも」、「いたるところに」など、会話でも使いますが、英語では何と言うのでしょうか?

「here and there」や「everywhere」など、様々な英語がありますが、どのように使うのか知っておく必要があります。

よって今回は、「あちこち」の英語表現を例文を使いながらご紹介します。ネイティブがよく使う表現をピックアップしているのでご参考下さい。

目次:

1.「あちこち」の意味は?
2.「あちこち」の英語表現と例文
・here and there
・all over
・everywhere
・around
・about

1.「あちこち」の意味は?

AI英会話スピークバディ_画像

「あちこち(あっちこっち)」の英語を知る前に、そのものの意味をすることで、イメージしやすくなります。

下記が主な意味です。

  • 色々な場所や方向
  • 一面
  • 至る所(いたるところ)
  • 端から端まで
  • くまなく

など。

会話でも何となく使っている表現ですね。

なので、これらの意味を表す英語であれば、「あちこち」というイメージになります。一つの表現に偏らずに、まず日本語の意味をかみ砕くいて、それを英語にすると英会話力が伸びていきます。

2.「あちこち」の英語表現と例文

ここでは、それぞれの「あちこち」の英語表現を例文と一緒に見ていきましょう!

here and there

日常会話でもよく使われるのがこの「here and there」です。

直訳でも「こことあそこ」とイメージがしやすいですね。

下記が例文となります。

  • She shops here and there.(彼女はあちこちで買い物をします)
  • He scattered papers here and there.(彼はあちこちに紙を散らかしました) ※「scatter(スキャター)」は「~を散らかす」という動詞です。

all over

「all over ~」も「あちこち」ですが、「over」という前置詞があるので、全てを覆っているイメージです。

下記のような例文がよく使われます。

  • He’s travelled all over the world.(彼は世界中あちこち旅行をしたことがあります)
  • It is all over the place.(それはあちこちにあります/あたり一面にあります) ※水をこぼして床一面に広がっている場合などは「all over the floor」など色々な場面に使えます。
  • 「all over」と似ているのが、少し動的なニュアンスがある「throughout」も「全てを網羅しながら、一面に広がる」というイメージでもあります。

everywhere

「すべての場所(どこでも)」という意味の「everywhere」。

これも「あちこち」という場合にも使えます。

先ほどの例文でもあった「all over the place」と似ています。

また、「from place to place」、「every place」、「every direction(in all directions)/あらゆる方法に」でも代用できます。

  • He appears everywhere in the town.(彼は町中あちこちで現れる)
  • You can buy it everywhere.(それはあちこちで買えます)

「here and there」よりも強調しているイメージだと思ってOKです。

around

「~の周り」という前置詞(または副詞)でイメージしやすいのが「around」です。

また、「around the world」と「all over the world」という表現の違いを悩ませる場合がありますが、イメージの違いは下記です。

  • (all) around the world・・・世界をぐるっと一周というイメージ
  • all over the world ・・・世界中いたるところでというイメージ

ビジネスの世界で、「彼は世界中あちこちで仕事をしている」という場合で「travel around the world」という表現が使われます。

これは、例えば「日本を拠点に行ったり帰ったり、そしてまた行ったり・・・」などというイメージになります。

下記の例文もよく英会話でも使われます。

  • He is going around the town.(彼は街のあちこちを走り回っています)
  • You should not ask around.(あちこち尋ね回らないで下さい)

about

あまり目的もなく「あちこち(周り)」を表現するのが、前置詞としてよく使われる「about」です。

これを「副詞」として次のような熟語として使われます。

  • He wanders about.(彼は徘徊する/あちこちほっつき歩く、など)
  • I looked about.(周りを見渡した/あちこち見渡した、など)

「around」は周囲をぐるっと一周というイメージですが、「about」はそのあたり、というニュアンスになります。

「あちこち」の英語を見てきましたが、まずは「everywhere」や「here and there」あたりが使いやすいかもしれません。

全てをいきなり一気に使うより、徐々に慣れて使いこなせるようになりましょう!

人気記事ランキング

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

コメント

sp-cta
pc-cta