著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

5つ以上もある!「調整(する)」の英語の使い分けや関連表現

のべ127,516がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「調整」には、「温度調整」「スケジュール調整」など様々な表現があり、日常だけでなくビジネスでも多く使う表現です。

日本語の「調整」は、このように様々な意味で使われますが、英語での「調整」は様々な単語を使い分ける必要があります。

1つの単語だけでは表現できないのが「調整(する)」です。

最後には、どれくらい「調整」の英語を理解したのかを試せる、「まとめクイズ」を用意していますので、是非チャレンジしてみましょう!

よってここでは、「調整(する)」の英語の使い方や英会話にも役立つ!様々な英語表現を詳しくご紹介します。

目次:
1.「調整(する)」の様々な英語と例文
1-1.英語の「accommodate」で「調整(する)」を表現
1-2.英語の「adjust」で「調整(する)」を表現
1-3.英語の「regulate」で「調整(する)」を表現
1-4.英語の「control」で「調整(する)」を表現
1-5.英語の「coordinate」で「調整(する)」を表現
1-6.その他の「調整する」の英語表現
2.「調整(する)」の英語の使い方や関連表現

まとめクイズ:「調整(する)」の英語はニュアンスを掴もう!

1.「調整(する)」の様々な英語と例文

日本語の「調整する」には様々な意味があり、英語に訳す時には単語を使い分ける必要があります。「調整する」という意味の基本英語を見てみましょう。

1-1.英語の「accommodate」で「調整(する)」を表現

「accommodate」の発音は下記となります。

読み方
音声
発音記号
アコモディト
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2016/01/accomodate-2.mp3
əkάmədèɪt

「宿泊する」という意味でよく使われる「accommodate」ですが、「融通する」という意味もあります。

「Tom accommodated them with money.(トムは彼らにお金を融通した)」など。

また、ここでは文化、考え方等に対立、差異、相違がある時、それを「調整する」という意味で使う表現として紹介しています。

「We need to accommodate cultural differences.(私たちは文化の違いなどを調整する必要がある)など。

「accommodate」の名詞形「調整」は「accommodation(アコモディション)」です。

1-2.英語の「adjust」で「調整(する)」を表現

「adjust」の発音は下記となります。

読み方
音声
発音記号
アジャスト
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2016/01/adjust-2.mp3
ədʒʌ’st

「合わせる」、「調整する」という意味の表現です。

日程、意見の食い違いや、論争、対立などがある時、「調整する」という意味で使う表現です。

何かに合わせて「調整する」というニュアンスです。より良くするために微調整しているイメージです。

機械や器具の調整などにもよく使います。

ビジネスシーンでもよく使う表現の1つです。

下記が例文の1つです。

  • I have to adjust the schedule of our meeting next week.(来週の打ち合わせの日程・スケジュール調整をしなくてはいけない) ※「シフトを調整する」は「adjust the shift schedule.」などとなります。
  • We need to adjust differences of our opinions.(私たちはお互いの意見の相違を調整しないといけない)
  • I’m adjusting the backrest.(背もたれを調整しています)

など。

「adjust」の名詞形の「調整」は「adjustment(アジャストメント)」です。

「時間調整(time adjustment)」や「納期調整(delivery adjustmet)」など、よく使う表現です。

また、名詞形の「adjustment」を使って、熟語の「make an adjustment」でも「調整する」という意味で使えます。英会話でも良く使われる表現の1つです。

1-3.英語の「regulate」で「調整(する)」を表現

「regulate」の発音は下記となります。

読み方
音声
発音記号
レギュレィト
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2016/01/regulate.mp3
régjulèit

「規制する」、「統制する」と言う意味があり、そこから「整える」「調整する」という意味でも使われる表現です。「律する」、「規則正しくする」などの意味もあります。

音の「チューニング」、「調律」、温度の「調整」、時計の時間などの「調整」など、本来の数値、あるべき形に「調整する」場合にはこの表現を使います。

「もとに戻す」というニュアンスです。よって、何かに合わせて微調整をする場合などは「adjust」や制御する場合の調整は「control」を使ったりします。

また、「adjust」や後ほどご紹介する「fix」よりもフォーマルな言い方だと思って下さい。

「The watch needs to be regulated.(その腕時計は調整されるべきです)」など。

「regulate」の名詞形の「調整」は「regulation(レギュレェイション)」です。

1-4.英語の「control」で「調整(する)」を表現

「control」の発音は下記となります。

読み方
音声
発音記号
コントロォゥル
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2016/01/control-2.mp3
kəntróul

「制御する」、「統制する」、「規制する」という意味があります。制御したりする「湿度・温度調整」などは、この「control」を使います。

何かしらを支配しているイメージでもあります。先ほどの「regulate」よりも、カジュアルに使えます。

「Please control the temperature in the factory under 25 degrees.(工場の温度を25度以下に調整お願いします)」など。

「control」は名詞形の「調整」も同じ「control」で、発音も同じです。

1-5.英語の「coordinate」で「調整(する)」を表現

「coordinate」の発音は下記となります。

読み方
音声
発音記号
コォディネト
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2016/01/coordinate.mp3
koʊˈɔɚd(ə)nət

もともとは「同等の」や「同格の」という意味です。

作業や行動、物事の動きなどを「調整する」場合に使う表現です。意見の違い、仕事の予定、スケジュールの調整等にも使います。

「adjust」と同じように多くの場面で使える動詞でが、フォーマルな言い方です。

「First, we have to coordinate inside our company.(まずは社内調整が必要です)」など。

「coordinate」の名詞形の「調整」は「coordination(コォーディネィション)」です。

スポーツの試合前に「コーディネーション」というトレーニングがありますが、コンディションを調整するという意味で使われています。

1-6.その他の「調整する」の英語表現

今までご紹介した英語表現が「調整する」の基本となりますが、決してそれだけではありません。

他にも次のような表現があるので、押さえておくだけでも英語の幅が広がります。

  • arrange(アレンジ):整える、整理する、など ※スケジュールの調整、手配など様々な場面で使える単語です。名詞は「arrangement(アレンジメント)」です。
  • organize(オーガナイズ):組織する、計画する、など ※人数の調整、日程調整などにも使われます。名詞は「organization(オーガニゼーション)」です。
  • fix(フィクス):固定する、調整する、など ※日本語でもスケジュールをフィックスする、などの言葉がありますね。調整して決定する場合によく使います。
  • modulate(モジュレイト):音程、音調を調整する ※名詞の「調音」は「modulation(モジュレーション)」です。また、「tune」(トゥーン)も音調を調整するという動詞・名詞で使えます。
  • settle(セトル):解決する、鎮静する ※意見の食い違い、論争などを調整して落ち着かせる時に使います。「reconcile」(レコンサイル)や「work out」なども同じように使えます。
  • align(アライン):提携する、一直線にする、など ※「align with ~(~と調整して提携する)」とう場合に使います。名詞は「alignment(アラインメント)」です。

など、参考にして下さい。

2.「調整(する)」の英語の使い方や関連表現

さて、ここで「音量の調整する」や「意見を調整する」など様々な「調整」に関する表現フレーズを見てみましょう。

先ほど紹介した単語の中からどの「調整」の表現が使われているのかにも注目して確認してみてください。

しかし、違う「調整」の英語を使ったりするケースも実際には多く、曖昧な表現が多いのも事実です。

よって、あまり神経質にならず会話でよく使う「adjust」や「control」を中心に見てましょう!どちらも使うケースが多いです。

  • 「スケジュール(日程)を調整する」:coordinate the schedule ※ミーティング等のスケジュールの場合、動詞は「arrange」(アレンジ)を使う時も多々あります。勿論、「adjust」も使えます。「日程調整ありがとうざいます(Thank you for your coordination/adjustment.」などビジネスメールでも使えますね。
  • 「納期を調整する」:adjust the delivery. ※名詞の「納期調整」は上述でも記載していますが、「delivery adjustment」となります。
  • 「時計を調整する」:regulate a clock ※「clock(クロック)」は「~時」というだけではなく、時計自体を指す時も使います。
  • 「温度を調整する」:regulate the temperature ※「temperature(テンペラチャー)」は「温度」という英語です。しかし、誰かや部屋の温度に合わせて調整する場合は、「adjust」や「control」を使います。
  • 「スピードを調整する」:adjust the speed
  • 「(学力などの)レベルに合わせて調整する」:adjust the level
  • 「音量を調整する」:adjust the volume
  • 「色を調整する」:adjust the color
  • 「(スカートやズボンなどの)長さを調整する」:adjust the length ※「length(レンクス)」は時間や物の長さに使える単語です。
  • 「(テレビなどの)画像を調整する」:adjust the picture ※「picture(ピクチャー)」は「絵」、「写真」などの意味もあります。
  • 「画面の明るさを調整する」:adjust the brightness. ※「brightness(ブライトネス)」は「明るさ」となります。
  • 「(飛行機などで)高度を調整する」:control the attitude ※「attitude(アティトゥード)」は「態度」という時にもよく使う単語です。「bad attitude」は「悪い態度」となります。
  • 「(会議などで)意見を調整する」:iron out differences of opinions ※「iron out(アイロン・アウト)」は、元々は「(衣類などに)アイロンをかける」、「アイロンをかけてしわをのばす」という意味ですが、その他に「調整する」、「円滑にする」、「(問題などを)解消する」などの意味があります。上述の「work out」や「settle」などでもOKです。
  • 「再調整する」:readjust ※「adjust」に「re」を付けて「再調整する」にしています。
  • 「需要と供給を調整する」:adjust demand and supply
  • 「微調整」:slight adjustment ※「slight(スライト)」は「少々の」という単語です。
  • 「調整中」:Under Repair ※故障などの場合に「調整中」と掲示する時に使う表現です。「repair(リペア)」は「修理(する)」という意味です。一般的には、受け身の進行形で「It’s being adjusted.」という形でもよく表現されます。
  • 「年末調整」:a year-end adjustment ※「year-end(イヤー・エンド)」は「年末の」という意味です。
  • 「湿度調節」:humidity control ※「humidity(ヒューミディティー)」は「湿気」という意味で、「湿気がある」という形容詞は「humid(ヒューミッド)」となります。
  • 「水分調整」:moisture control ※「moisture(モイスチャー)」は「湿気」や「水分」という単語です。
  • 「為替調整」:exchange control ※「exchange(エクスチェンジ)」は「交換する」という動詞としても使います。
  • 「風量調節」:air volume control
  • 「生産調整」:production adjustment ※「production(プロダクション)」は「製造・生産 」という意味です。
  • 「資金調節」:fund adjustment ※「fund(ファンド)」は「基金」という単語でもあります。
  • 「人材の調整」:arrangement of human resource ※「human resource(ヒューマン・リーソース)」はビジネスの場面でもよく使われます。
  • 「サイズ調整可能」:size adjustable ※「adjustable(アジャスタブル)」は「adjust」に「able(出来る)」という単語を付けて、「調整することが可能な」という形容詞にしています。このような単語は多くあります。
  • 「音質調整」:tone control ※「tone(トーン)」は「音質」という単語です。「声のトーンが高い」など日本語でも使いますね。

まとめクイズ:「調整(する)」の英語はニュアンスを掴もう!

「調整する」は様々な英単語があり、ニュアンスが違うのでそれぞれ使い分けられるようにしましょう。

しかし、先ほどもお伝えしたように、特に口語では曖昧な場合が多いので、基本を押さえるようにしておけばOKです。

それでは、最後に次の問題を解いてみましょう!

【問題】

  1. 何かに合わせて「調整する」というニュアンスの英語は?
  2. スケジュールを調整する場合の動詞は?
  3. 「微調整」の英語は?
  4. 制御したりする「湿度調整」にはどの「調整する」の動詞を使う?
  5. 「もとに戻す」というニュアンスの「調整する」の英語は?

いかがでしたか? 

今すぐ読んだ「調整」に関する英語でも、多少はてこずりますよね。答えを確認して、徐々にでいいのしっかりマスターしましょう!

【解答】

  1. adjust
  2. 「coordinate」、「arrange」
  3. slight adjustment
  4. control
  5. regulate
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta