著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「あきらめないで」は英語でなんて言う?どんな感じで使うの?

のべ604がこの記事を参考にしています!

日本語でもよく使われる「あきらめないで」。英語ではどう言えばいいのでしょうか?

目次

1.「あきらめないで」と英語で言いたい時

2.「Don’t give up.」と「Never give up.」の違い

1.「あきらめないで」と英語で言いたい時


日本人だと「ネバーギブアップ!」と言いがちですが、ネイティブの会話ではよく使われるのは、

Don’t give up!(あきらめないで!)

となります。

また、「あきらめないで!」には、相手を励ます意味も込めて「頑張って!」のニュアンスも入れたい時もあると思います。そんな時は、

Hang in there!(あきらめないで!/頑張って!/負けるなよ!的な表現)

そして、勉強中や仕事中にあと少し頑張れば完了しそうな時に「あと少しだよ、あきらめないで!頑張って!」「その調子!その調子!」などと、励ましの声、応援の声をかけたい。そんな時は、

Keep it up!(あきらめないで!/維持して!=頑張れ~!)

という意味で使うことができます。

さらに、「あきらめないで」と一緒にセットでよく使われるのが、

You’re almost there.(もう少しだよ。)

Don’t give up. You are almost there.

Keep it up. You are almost there.

(あきらめないで!もう少しですよ。)

また、試合などで負けそうな時、あきらめそうになった時などに「おまえならできる!」と励まし、鼓舞したい時は

You can do it!(おまえならできる!)

を使います。

2.「Don’t give up.」と「Never give up.」の違い

日本語で「ネバーギブアップ」と言ったりしますが、上記のような「あきらめないで」は「Don’t give up.」でした。

両者の違いとしては、点(Don’t)と線(Never)のようなイメージです。Don’tはその都度の出来事や単発的な出来事(点)で軽い感じで言う表現、Neverは長い期間や継続的なものに対して「一度も~ない」という強い否定や重い感じで言う表現になります。

・その場その場での出来事に対する「あきらめないで!」=Don’t give up.

・長い期間挑戦し続けるようなことに対する「あきらめないで!」=Never give up.

という感覚です。

人気記事ランキング

1
2
3
4
5
6
7
8
9
english-memory-image10
sp-cta
pc-cta