著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「イギリス留学」の6つの特徴や英語などの事前確認が大切!

のべ6,367がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
study uk

イギリスへの留学を考えていますか?

英語は今では世界中で話されていて、英語と言えばアメリカというイメージが強いかもしれませんが、英語と言われるくらいなので、もともとはイギリス(英国)の言葉です。

英語の母国で本物の英語を学んでみたいと思う方も少なくないでしょう。

ここでは、イギリス留学について、そのメリットとデメリットなどを交えてご紹介します。

目次:
1.イギリス留学の特徴
1-1.教育のクオリティーが高い
1-2.文化的にも歴史的にもおもしろい!ヨーロッパへのアクセスも良い!
1-3.日本人の割合が低い
1-4.6ヶ月までは事前のビザ申請が不要
1-5.公的健康保険を使うことができる
1-6.物価が高い
2.イギリス留学で身に付く英語とは?
3.イギリスへの「語学留学」
4.イギリスへの「大学留学」
4-1.イギリスの大学は3年制
4-2.大学院も1年制

1.イギリス留学の特徴

英語圏の留学は様々な選択肢があります。

一般的に、日本人に人気なのはアメリカで、カナダやオーストラリアへの留学も比較的多いです。イギリスはといえば、日本から留学する人は他の国に比べて少ないのですが、実はイギリスもとても魅力的な留学先です。

イギリス留学の特徴を確認してみましょう。

1-1.教育のクオリティーが高い

イギリスは歴史が古く、教育全般的に質が高くレベルの高い教育が受けられることが特徴です。

小中高や大学だけでなく、英語学校においてもレベルの高い教育を提供しています。

1-2.文化的にも歴史的にもおもしろい!ヨーロッパへのアクセスも良い!

イギリスは、アメリカやオーストラリアなど他の英語圏の国と比べて、地理的には、周りは海に囲まれた島国ですが海峡トンネルを使えばパリへも電車で2時間半程度で行ける距離にあり、ヨーロッパの近隣諸国へのアクセスがよく休日を使って様々な国へ観光に行くことができます。

アメリカやカナダなどメジャーな留学先に比べ、日本人が少ない学校が多く英語に集中できる環境です。

大学は3年制、大学院のマスターコースは1年制など、日本とシステムが違う部分があります。

1-3.日本人の割合が低い

アメリカなどのメジャーな留学先に比べ、イギリスは日本人留学生の割合が低いです。特に、田舎はその傾向が強いです。

アメリカだと、折角留学したのにクラスの半分が日本人だったということもあるので、日本人が少ない環境というのは魅力的です。

ただ、田舎に行くと全く日本人がいない環境もあり、その場合はある程度の自立心がある人向きなので、その点は注意したほうがよいでしょう。日本人が少ない、外国人が少ないということは、現地のそのままの文化に触れられますが、反面対応に慣れていないので、排他的に感じられることもあるかもしれません。

1-4.6ヶ月までは事前のビザ申請が不要

イギリス留学の大きな特徴のひとつが、ビザについてです。

6ヶ月までの留学は事前のビザ申請は不要です。基本的には、入学許可の書類と復路の航空券を用意すれば事前の申請をせず入国することが可能です。

ビザが不要であるということではなく、日本国籍を持っている場合は入国審査時に「Short-Term Study Visa」という短期学生ビザを発行してもらうことができるため事前手続きが不要です。

短期学生ビザの場合は、通常事前のビザ申請の際に必要な英語力の証明も不要で、面倒な手続きや、申請代金も不要です。

ビザの審査が厳しくなっている国もあるので、この点はイギリス留学の大きなメリットです。

1-5.公的健康保険を使うことができる

イギリスは6ヶ月以上滞在する留学生は公的健康保険制度を適用することができ、無料で医療を受けることができます。

アメリカなど医療費の高騰が問題になっている国もあり、通常は留学時に海外の保険を留学生独自でかけなければなりませんが、イギリスではイギリス国民と同じ保険制度を利用できるため保険をかける必要がありません。

※制度については、変わる場合があるので実際に留学する際はご自身で確認してください。

1-6.物価が高い

イギリス留学を検討する上で、知っておかなければならないのはイギリスの物価の高さです。

特にロンドンなどは比較的物価が高いといわれています。食料品など消費税がかからないものもあるため、一概に日本より全てが高いとはいえませんが、外食や文房具など高いものもあるので、留学を検討する場合はその分の費用も考えておく必要があります。

物価については、地域での格差もあります。ロンドンなど都市では高く、田舎では都市部に比べて低くなっています。

2.イギリス留学で身に付く英語とは?

英語は、現在標準的に話されているアメリカ英語と比べるとアクセントや単語に違いがあります。

アメリカ英語はイギリスからアメリカへ移住した人たちが話し始めそれが変化したものです。そのため、「本物」の英語はイギリス英語だともいえます。

日本など英語を公用語としない国では、政治や経済的背景の影響もありアメリカ英語を基本として学校などで教えている場合が多くなっています。そのため、アメリカ英語の影響力が強くなっていますが、実はイギリス英語も多くの国で使われています。

特に、日本では学校で学ぶ英語がアメリカ英語なので、アメリカ英語が基本というイメージが強いかもしれません。

しかし、英語を公用語とする多くの国や、ヨーロッパの国々ではイギリス英語を基本モデルとして採用していて、一概にアメリカ英語を学んだほうがよいとも言えません。

留学後、どのような場面で英語を使いたいのか、そこを考えて決めるのがよいでしょう。特に、その後のビジョンがない場合は、日本で生活すると考える場合はどちらかと言えばアメリカ英語のほうが、使う機会が多いかもしれません。

3.イギリスへの「語学留学」

イギリスは語学学校の歴史が長く、古くから留学生を受け入れてきました。そのため、教育のレベルが高く、実践力が高い英語を身につけることができます。

また、コースの種類も多彩で、大学進学のためのコース、ビジネス英語のコースなどハイレベルな英語コースだけでなく、シニアが学べる基礎的なコースや、アートなどの趣味のコースと併せて学べるコースなどもあります。

注意したい点は、語学留学の場合イギリスではインターンシップができません。インターンシップをしながら、実践的なビジネス英語を身につけたい場合などはイギリス以外の国を検討してみて下さい。

4.イギリスへの「大学留学」

イギリスは1校を除きすべての大学が公立で教育レベルがとても高いのが特徴です。

大学数はアメリカに比べてかなり少なく約100校しかありません。アメリカは4000校以上あるので、イギリスの大学数との差はかなり大きいです。この数の差でもわかるように、アメリカとイギリスでは大学の位置づけが違います。アメリカでは、望めば多くの人が大学に進学することができ、大学卒業といってもそのレベルは様々でピンからキリまであります。

しかし、イギリスは優秀な一部の生徒のみが大学へ進学します。学ぶ内容も専門的なものが多いのがイギリスの大学です。

このように、イギリスの大学はクオリティーが高く、ケンブリッジ大学のような世界有数の大学もいくつかあります。

世界大学学術ランキングで常に上位のケンブリッジ大学、オックスフォード大学は有名です。大学のレベルが高いために世界中から優秀な学生がイギリスに集まります。

大学では専門分野を学ぶため、アメリカのように入学後の専攻分野の変更や編入をすることなどは、イギリスでは基本的にはできません。イギリスの大学で学ぶ場合は、ある程度学びたい分野が明確に決まっている必要があります。

4-1.イギリスの大学は3年制

イギリスの一般的な大学は3年制です。大学では専門分野だけを学びます。

大学で学ぶための基礎はファウンデーションコースという基礎コースで学びます。レポートの書き方やリサーチ方法など大学で学ぶ上で必要なスキルをみっちり9ヶ月程度学んでから大学に進学することが一般的です。

そのため、日本の高校を卒業しただけではすぐにイギリスの大学に留学することはできません。イギリス人の学生と同様、基礎コースで学んでから大学に進学します。

日本で、短大を卒業していたり、大学に1年以上在籍していた場合は、条件が整えば基礎コースを受けずに大学進学することも可能ですが、その場合は高い英語力が求められます。

イギリスの大学へ入学するために求められる英語力は「IELTS」という大学留学のための英語力試験で、6.0程度の英語力が必要で、英検に換算すると「準1級レベル」の高い英語力が必要です。

大学では専門分野を凝縮して学ぶので、授業を理解して課題をこなすためにはそれくらいの英語力が必要だということです。

英語力に自信がない人は、現地の語学学校で学んでから大学に進学する方法もあります。

4-2.大学院も1年制

イギリスの大学院のマスタープログラムも1年制で日本やアメリカのプログラムに比べると短期集中型です。

もちろん、期間が短い分内容が凝縮されてハードになりますが、金銭的な問題や、スケジュール的な問題で2年間学ぶのが難しい場合はイギリスで修士号取得も選択肢のひとつです。

まとめ:イギリスへの留学はクオリティー重視!

留学先としてはマイナーなイギリスですが、文化的な面や教育の「質」の点を考えると、とても魅力的な留学先のひとつです。

特に歴史は長く、語学学校も様々なコースを提供していて、留学生を受け入れる環境が整っています。

折角、お金と時間をかけて留学するなら、イギリスなど様々な留学先を調べ、ご自身に一番合った国とプログラムで留学したほうがよいでしょう。

そのためにも、早い段階から準備を始めることをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計3万3693人が体験中の無料勉強法
(2017年1月5日現在)


「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・」
「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・」。
「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta