「この英語で通じる?」

この英語で本当に通じるのかな...?これって正しいのかな...?

藤永が直接回答いたします!無料で英語を教えるサービスです。

「喉が痛い」はこの英語で通じる?

言いたいシチュエーション:
朝起きたら喉が痛くなっていた時
Throat is hurt.

「喉が痛い」の表現はこの2つを押さえよう!

I have a sore throat.

直訳は、「私は痛い喉を持っています」となります。「sore(ソアー)」は「痛い」という形容詞、「throat(スロート)」は「喉」となります。このように「I have 〜」というのは英語でよく使う表現です。「My throat is sore.」でも通じます。

My throat hurts.

「hurt(ハート)」は「痛める」という英語です。

「英語めちゃくちゃ初級者」さんが考えた「Throat is hurt.(直訳:喉が傷めつけられた・喉を怪我した)」は、イメージはつくのですが、このような表現をすると「喉を何かで切られたのだろうか?」とネイティブは勘違いする可能性があるので注意しましょう!

上記で紹介した「My throat hurts.」を使いましょう!

またn、「I have ~.」という形で覚えたら便利です。

「頭が痛い」は「I have a headache.」、「胃が痛い」は「I have a stomachache.」、また「鼻水です」は「I have a running nose.」など、「I have」を使えるととても便利です。

また、「痛みを和らげる」や「激痛」など、『「痛い」の英語|2つある表現と9個の役立つ痛みのフレーズ』の記事で詳し説明しているので、英会話に活かしましょう!

sp-cta
sp-cta