「この英語で通じる?」

この英語で本当に通じるのかな...?これって正しいのかな...?

藤永が直接回答いたします!無料で英語を教えるサービスです。

「~せざるを得ない」はこの英語で通じる?

言いたいシチュエーション:
仕事の場面で、本心は会議に出席したくないけど、仕方なく出席する場合
I have to atted the meeting.

「せざるを得ない」でこの英語を使えたらネイティブ感覚!

I have no choice but to attend the metting.

直訳は、「打ち合わせに出る以外、選択肢がありません」となります。「choice(チョイス)」は「選択・選択肢」の英語です。

I cannot help but attend the meeting.

この「cannot help but」の構文は会話でもよく使います。

I must attend the meeting.

「must」は「~しなくてはいけない」と「~せざるを得ない」をシンプルに表現できる英語です。

「スーパビジネスマン」さんが考えた「I have to attend the meeting.(直訳:その打ち合わせに出席しなくてはなりません)」も正しい表現です。また「have to」を「must」に変えて、更に強調することもできます。

「have no choice」の表現は、より「他に選択肢がない」ことを意味しており、どちらとも使いこなせるようにしましょう!

この「have no choice but to 〜」は、ネイティブも使う表現です。「そうせざるを得ない」と既に何をするのか相手が分かってる場合は、簡単に「I have no choice.」のみで伝わります。使えるとかっこいいですよ!

また、ここで出てきた「meeting」ですが、「会議」の英語はそれだけではないのをご存知でしたか?

8つもある!?「会議」の英語|36個の関連英語表現も習得】の記事で詳細を書いていますので、特にビジネスパーソンの方は目を通しておきましょう!

sp-cta
sp-cta