「この英語で通じる?」

この英語で本当に通じるのかな...?これって正しいのかな...?

藤永が直接回答いたします!無料で英語を教えるサービスです。

「事情がある・色々ある」はこの英語で通じる?

言いたいシチュエーション:
まあ、いろいろあるよ、とか言いたい場合
There are lots of things.

「事情がある・色々ある」の英語は色んな表現がある!

Too complicated to explain.

直訳は、「複雑すぎて説明できない」となります。「complicated(コンプリケイティド)」は「複雑な」、「explain(イクスプレイン)」は「説明する」となります。

It's a long story.

「それは長い話です」となり、「色々あるよ」を表現しています。

There are various reasons.

「various(ヴェリアス)」は「色々な」、「reason(リーズン)」は「理由・原因」という英語です。「There are some reasons.」でもOKです。

「ディグノ」さんが考えた「There are lots of things.(多くのことがあります)」でも全然通じます!

「There are lots of things going on.」でも同様です。

「事情がある」で使った「complicated(複雑な)」の英語ですが、『「複雑」の英語|2つの表現の違いと使える!英語フレーズ』の英語表現でも使うものですので、英会話の幅を広げていきましょう!

sp-cta
sp-cta