「この英語で通じる?」

この英語で本当に通じるのかな...?これって正しいのかな...?

藤永が直接回答いたします!無料で英語を教えるサービスです。

「もしかして・ひょっとして」はこの英語で通じる?

言いたいシチュエーション:
何か質問する前に、もしかしてやひょっとしての英語が知りたくて
maybe

複数の言い方を知っておこう!

Sorry if I'm mistaken but... ?

直訳は「もし私が間違っていたらごめんなさい」となります。カジュアルでもフォーマルでも使えます。「mistaken(ミステイクン)」は「間違っている」の英語です。「I might be wrong, but....」というフレーズも同じように使われます。butの後に疑問文がきます。

Do you happen to.... ?

「happen to ~」は「偶然、~する」の英語です。「ひょっとしてそれ知っている?」という場合は、「Do you happen to know that?」となります。

Could it be that.... ?

「that」の後に通常の英文が来ます。例えば、「Could it be that your father knows we are dating?(ひょっとしてあなたのお父さんは私たちが付き合ってるの知っている?)」となります。「Could it be」は「可能性ある?」という意味です。

「サウンドトラック」さんが考えた「maybe(メイビー)」も間違えではありませんが、今回ご紹介したような表現の方が多く使われます。他に「perhaps(パーパップス)」などもあります。

sp-cta