「この英語で通じる?」

この英語で本当に通じるのかな...?これって正しいのかな...?

藤永が直接回答いたします!無料で英語を教えるサービスです。

「お手数をおかけします」はこの英語で通じる?

言いたいシチュエーション:
メールや話し言葉でも使える表現が知りたい
I give you a trouble.

ビジネスでも使える表現を習得しよう!

I am sorry for the trouble.

これが一番シンプルな言い方です。カジュアルに言う場合は「Sorry for the trouble.」でOKです。更に丁寧に言う場合は、「I apologize for the trouble.」となります。「apologize(アポロジャイズ)」は「謝罪する 」という英語です。

I am sorry for any inconvenience.

「inconvenience(インコンヴィーニェンス)」は「不憫(ふびん)」となります。動詞で使って、「I am sorry to inconveneince you.」という表現も出来ます。フォーマルな言い方なのでビジネスのメールなどに問題なく使えます。

「サポーター777」さんが考えた「I give you a trouble.(私はあなたに問題を与えます)」となり、とてもストレート過ぎる表現になり、あまり使われません。

カジュアルな言い方だと、「Sorry to bother you.」などもあります。「bother(ボザー)」は「悩ませる」という英語です。

また、「お手数をおかけしますが、よろしくお願いします」となると、「I am sorry for the trouble. but, I thank you for your help.」などとなります。

sp-cta