「この英語で通じる?」

この英語で本当に通じるのかな...?これって正しいのかな...?

藤永が直接回答いたします!無料で英語を教えるサービスです。

「結論から言います(言う)と」はこの英語で通じる?

言いたいシチュエーション:
仕事の商談などで使ってみたい
If I say conclusion now,

「結論から言いますと」の英語はコレ!

Let me get to the point first.

「まず、私に要点を言わせて」となります。カジュアルな表現です。「Let me get straight to the point.」で「straight(ストレート)」を使っても同じ意味です。

I'd like to come right to the point.

とてもフォーマルな言い方でビジネスで使えます。ここでの「right(ライト)」は「すぐに」という意味です。

To make a long story short.

これは、「早くいってしまえば(直訳:長い話を短くすると)」という表現で「回りくどい言い方をせずに、すぐに結論を言いいます」というニュアンスです。「To make it short.」でも同様です。

「名古屋名物」さんが考えた「If I say conclusion(もし、私が結論を言うと)」ですが、この言い方はしないので、今回ご紹介した表現を参考にしてみて下さい。

打ち合わせや会議でも「結論から言いますと」以外にも、「本日の議題は・・・」や「何か質問はありますか?」など使える英語フレーズは多くあります。『8つもある!?「会議」の英語|36個の関連英語表現も習得』の記事で、そのような表現も紹介しているので併せてマスターしましょう!

sp-cta