著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

3つある!「宇宙」の基本英語|関連英語や名言もマスター!

のべ1,415がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
universe

「宇宙」に関する英語を知りたいですか?

宇宙の惑星など宇宙について、ニュースなどで英語で情報が出てくることも多いですよね。

そんな時に、実際に英会話で頻繁に使わないとしても、簡単な宇宙に関する単語を知っておくだけでも違います。

よって今回は、特にリスニングの時に困らないように、宇宙と宇宙に関する表現をご紹介します。

目次:
1.「宇宙」の基礎単語とその違い
1-1.英語の「space」で「宇宙」を表現
1-2.英語の「universe」で「宇宙」を表現
1-3.英語の「cosmos」で「宇宙」を表現
2.「宇宙」の太陽系の惑星や衛星に関する英語
2-1.「恒星:fixed star」の関連英語
2-2.「惑星:planet(プラネット)」の関連英語
2-3.「衛星:satellite(サテライト)」の関連英語
3.宇宙の「銀河」を意味する2つの英語表現
4.「宇宙」に関する英語表現
5.「宇宙」に関する英語の名言

1.「宇宙」の基礎単語とその違い

「宇宙」の英語は大きく分けて3つあります。

また、その3つには細かなニュアンスの違いがあるので、ここで確認してみましょう。

1-1.英語の「space」で「宇宙」を表現

「space」の発音などは下記となります。

読み方
音声
発音記号
スペイス
speɪs

「space」はもともと空間という意味があり、地球外の宇宙空間を指す言葉です。

1-2.英語の「universe」で「宇宙」を表現

「universe」の発音などは下記となります。

読み方
音声
発音記号
ユニバース
júːnəv`ɚːs

「universe」は地球も含めた宇宙全体のことです。

1-3.英語の「cosmos」で「宇宙」を表現

「cosmos」の発音などは下記となります。

読み方
音声
発音記号
コスモス
kάzməs

※日本語ではコスモスといいますが、英語では2音目が濁ってコズモスと発音します。間違い安いポイントなので要注意です。

「cosmos」は、宇宙に働く摂理を表わす単語です。学術的な言葉で科学者などの専門家が多く使う言葉で、一般的な会話で話す時は「space」か「universe」を使います。

2.「宇宙」の太陽系の惑星や衛星に関する英語

太陽系は英語で「the solar system(ザ・ソーラー・システム)」です。

太陽系には大きくわけて3つの種類の星があります。

「恒星」である太陽、地球や火星などの8つの「惑星」、そして、惑星の周りをまわる「衛星」があります。月は、地球の周りをまわっているので衛星です。

2-1.「恒星:fixed star」の関連英語

「恒星」とは、太陽のことですが、太陽は中心にあって動かないので「fixed(固定された)」を使って、固定された星と表現されます。

「太陽」は英語で「Sun(サン)」です。

太陽に関する表現が下記です。

  • 朝日:the rising sun
  • 沈む夕日:the sun set
  • 太陽光線:the ray of sun

2-2.「惑星:planet(プラネット)」の関連英語

太陽系の惑星の単語について確認してみましょう。

  • 水星:Mercury(マーキュリー)
  • 金星:Venus(ビーナス)
  • 地球:Earth(アース)
  • 火星:Mars(マーズ) ※最後の文字はsですが、濁ったおと「ズ」と発音するので要注意です。
  • 木星:Jupiter(ジュピター)
  • 土星:Saturn(サターン)
  • 天王星:Uranus(ユラヌス)
  • 海王星:Neptune(ネプチューン)
  • 冥王星:Pluto(プルートー)

日本語では、太陽系の順番を「すい・きん・ち・か・もく・ど・てん・かい・めい」で覚えますが、英語でもそれに似た覚え方があります。

1つの例が下記となります。

「My very excellent mother just served us nine pizzas.」
(私の素晴らしい母は、9枚のピザを私たちに送ってくれただけだった。)

文の意味は、あまり意味がある言葉ではないですがリズムで惑星の順番を覚える感じです。

My(Mercury) very(Venus) excellent(Earth) mother(Mars) just(Jupiter) served(Saturn) us(Uranus) nine( Neptune) pizzas(Pluto).

豆知識!「惑星の由来」

英語の惑星名はギリシャ神話に由来していて、神の名前からきています。それぞれの惑星の由来をご紹介します。覚える必要はありませんが、ちょっとした知識として知っておくのもいいでしょう。

  • 水星:メルクリウス(mercurius)という神。商業、旅人、泥棒などの神。
  • 金星:ヴェヌス(venus)という女神。愛、美、豊饒の神。明るく光が強いことから、金星にヴェヌスがつかわれました。
  • 火星:マルス(mars)という戦いの神。
  • 木星:ユピテル(jupiter)で、全能の神。最高神ゼウスのことで、一番大きい惑星だからといわれています。
  • 土星:サトゥルヌス(Saturnus)は、農業の神。
  • 天王星:ウラノス(ouranos)天空の神。
  • 海王星:ネプトゥヌス(neptunus)海や泉の神。
  • 冥王星:プルト(pluto)冥界の神。イギリスの11歳の女の子が名付け親です。

※「地球」は神の名が由来ではなく、ラテン語で地球を意味する「テルス(Tellus)」が由来といわれています。

2-3.「衛星:satellite(サテライト)」の関連英語

衛星は太陽系にもたくさんありますが、一番有名なのは「月(moon:ムーン)」ですね。

月(moon)に関する表現の例は下記となります。

  • 月光:moonlight
  • 新月:new moon
  • 満月:full moon
  • 半月:half moon
  • 三日月:crescent moon

3.宇宙の「銀河」を意味する2つの英語表現

英語で銀河や天の川を表わす表現は2つあります。

  • the Milky Way (ザ・ミルキー・ウェイ)
  • the Galaxy (ザ・ギャラクシー)

どちらも、「the」がついて、頭文字は大文字になります。「the Milky Way」は古くから英語で使われてきた言葉ですが、意味はほぼ同じです。

4.「宇宙」に関する英語表現

「宇宙」に関連する英語表現は様々ありますが、ここではその代表的なものをピックアップしてみました。

  • 宇宙人:alien、alien being ※リトルグレイは「the little gray」です。
  • 宇宙船:space craft ※アポロ11号は「Apollo 11」です。
  • 宇宙ロケット:cosmic rocket
  • 宇宙飛行士:astronaut
  • 宇宙旅行:space trip
  • 宇宙食:space diet
  • 無人探査機:unmanned exploration vessel
  • 宇宙化学:cosmochemistry
  • 無重力状態:zero gravity ※「gravity」は重力という意味です。
  • 宇宙ごみ:space debris ※くだけた言い方で、「space junk」ともいいます。
  • 天体:heavenly body
  • 天体望遠鏡:astronomical telescope
  • 天文台:observatory ※子午線(経度0度)があるグリニッジ天文台の英語名は「Royal Observatory, Greenwich」です。
  • プラネタリウム:planetarium ※発音が「プラネテアリアム」となるので要注意です。発音記【plæ̀nətéəriəm】。
  • 彗星:comet ※ハレー彗星は「comet Halley」です。
  • 小惑星:asteroid
  • 隕石、流星:meteor
  • 人工衛星:artificial satellite
  • 光年:light year ※「30光年離れている」という場合は「30 light-years away」です。
  • 星座:constellation
  • 皆既食:total eclipse ※皆既日食は「total solar eclipse」、皆既月食は「total lunar eclipse」です。
  • 部分食:partial eclipse
  • NASA(アメリカ航空宇宙局):NASA(National Aeronautics and Space Administration)

5.「宇宙」に関する英語の名言

宇宙に関連する名言がいくつかあるのでここで紹介します。

月に人類で初上陸したアームストロング船長の言葉が下記です。

  • 英語:“That’s one small step for man, one giant leap for mankind.” By Neil A Armstrong
  • 日本語:1人の人間としては小さな一歩だが、人類にとっては大きな一歩だ。二ール・A・アームストロング

アメリカ人初の宇宙飛行士でアポロ14号で、月に行った宇宙飛行士の言葉が次です。

  • 英語:It’s been a long way, but we’re here. By Alan Shepard
  • 日本語:長い道のりだった。けれど、私たちはここまでたどり着いた。アラン・シェパード

次はガリレオのあまりにも有名な言葉ですね。

  • 英語:“And yet, it moves.” By Galileo Galilei
  • 日本語:それでも地球は動いている。ガリレオ・ガリレイ

アインシュタインも宇宙に関しての言葉を多く残しています。その1つが次の名言です。

  • 英語:Only two things are infinite, the universe and human stupidity and I’m not sure about the former. By Albert Einstein
  • 日本語・無限なものがふたつある。それは、宇宙と人間の愚かさだ。前者については、断言できないけど。

まとめ:「宇宙」の英語は先ずは基本を押さえることから始める!

宇宙に関する英語の基本は「space」、「universe」、「cosmic」の違いを理解することから。

それに加えて、太陽系の惑星は覚えておくと便利ですが、あえて暗記は不要です。自然に習得する感覚でOKです。

その他の関連英語も同様で、特に英語初心者は覚える必要はありませんが、ニュースなどでもたまに出てくるものもあるので、余裕が出てきたら知っておくとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計3万3693人が体験中の無料勉強法
(2017年1月5日現在)


「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・」
「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・」。
「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta