著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英語でプレゼンテーション|これで大丈夫!10個のポイント

のべ65,388がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ある日突然英語でプレゼンテーションをしなければならなくなったけれど、何から始めたらいいかわからないという人もいるのではないでしょうか。

日本の学校では日本語でのプレゼンテーションすら学ぶ機会が、多くはありません。

しかし、一度社会へでると、仕事などプレゼンテーションをする機会は意外に多いものです。英語が得意な人ではなくても、「是非、英語でプレゼンテーションをしてほしい!」と頼まれることも不思議ではありません。

英語でのプレゼンテーションをすることによって、様々な出会いやチャンスが巡ってくる可能性があります。そのチャンスを無駄にしないためにも、是非英語のプレゼンテーションにチャレンジしてみてください。

よってここでは、英語のプレゼンテーションで恥をかかないための事前準備とコツを、ネイティブも使っている英語の例文をご紹介しながら説明します。

【目次】

1.英語でプレゼンテーションを作成する前に
1-1.プレゼンテーションの「目的」を明確にする
1-2.プレゼンテーションは「誰に対して話すのか」を明確にする
1-3.プレゼンテーションの与えられた「環境」を確認する
1-4.プレゼンテーションの与えられた「時間」を明確にする

2.英語のプレゼンテーションの内容
2-1.プレゼンテーションの「Introduction(序論)」
2-2.プレゼンテーションの「Main Body(本題)」
2-3.プレゼンテーションの「Conclusion(結論)」

3.英語のプレゼンテーションを成功させるその他のポイント
3-1.プレゼンテーションでは「ビジュアル・エイド」を活用する
3-2.プレゼンテーションでは「ボディーランゲージ」を使う
3-3.プレゼンテーションを「繰り返し練習」する

1.英語でプレゼンテーションを作成する前に

プレゼンテーションで大切なのは、内容です。もちろん、正しい表現、聞きやすい英語で表現することは重要ですが、きちんとした内容のベースがなければ意味がありません。

きちんとした内容のプレゼンテーションをつくるためには、内容を考える前に、以下の4つの事柄を事前に確認することが重要です。

1-1.プレゼンテーションの「目的」を明確にする

先ずは、何のプレゼンテーションなのかをしっかりと把握します。

主にこのようなプレゼンテーションがあります。

  • ある特定の情報を聞き手に提供し説明するプレゼンテーション
  • 業績など報告を目的としたプレゼンテーション
  • セールス(販売)、提案を目的としているプレゼンテーション

目的によって、プレゼンテーションの内容、結論が変わってくるはずです。どのような目的でプレゼンテーションを行うかをまず明確にすることが大切です。

1-2.プレゼンテーションは「誰に対して話すのか」を明確にする

目的の次に確認すべき点は、聞き手が誰なのか、誰に対して話すプレゼンテーションなのかということです。

社内の人か顧客かという違いや、年齢層、人数、そして、聞き手が話す内容についてどれくらいのレベルの知識を持っているかで、話す内容は全く変わってきます。聞き手を明確にしてから内容を考えることが大切です。

1-3.プレゼンテーションの与えられた「環境」を確認する

環境も内容を考える上で大切な要素です。

どれくらいの大きさの会場なのか、どのような設備が使えるのか、それによって、プレゼンの資料作成方法なども変わってきます。マイクや、プロジェクターの設備など、最低限の事項は確認しておきましょう。

1-4.プレゼンテーションの与えられた「時間」を明確にする

どれだけの時間を与えられているか、これも内容をつくる前に確認しましょう。

プレゼン時間はとても大切です。時間によって、どこまで深く話せるかも変わってきます。

また、プレゼンテーションに慣れていない人は、大幅にオーバーしてしまったり、短すぎたりということがありますが、他の人のプレゼンテーション時間に影響してしまうと良くないです。

あなたのように、一生懸命にプレゼンテーションを作成したのに、前の人が長く話したために短い時間しか話せなかったということは避けたいですよね。

また、会場の時間の関係で、途中で話しが終わってしまった場合などは、貴重な時間を割いて、来ていただいた聞き手の方にもしわけないです。時間はあらかじめ確認し、完成後もその時間に収まっているか、練習して確認することが重要です。

2.英語のプレゼンテーションの内容

英語初心者の場合は、ある程度日本語で言いたいことをまとめてから、それを英語にいいかえるとよいでしょう。

慣れている人は、英語でそのまま作成できればベストです。

パワーポイントでのプレゼンテーションの場合は、資料を作成してからトーク内容を考えます。パワーポイントのスライドには情報を盛り込みすぎないことが大切です。

英語のプレゼンテーションのは、Introduction(序文)、Main Body(本題)、Conclusion(結論)の3つで構成されています。

2-1.プレゼンテーションの「Introduction(序論)」

Introductionは導入部分で、挨拶、自己紹介、プレゼンの目的、簡単な内容紹介を行います。

あなたがどんな人か、そしてこれからどんな内容を話すのかをIntroductionにまとめます。Introductionはプレゼンのリズムをつくり、聞き手の雰囲気を和ませたり、ひきこませたりするための重要な部分です。

Introductionには基本的なパターンがあります。

このパターンと、基本を覚えればそれほど難しくありません。話す順番にご説明しますね。

2-1-1.挨拶と自己紹介

はじめに、挨拶とごく簡単な英語を使って自己紹介をしましょう。

自己紹介はビジネスの場合、名前、会社名、役職名程度でOKです。

日本では、前置きが長くなることが多いですが、欧米ではそのような回りくどい言い方は好まれません。ここでも、挨拶一言と、誰が話すのかがわかれば十分で、自己紹介に時間をかけないことがポイントです。

「英語のプレゼンテーションでの挨拶と自己紹介の例」

Good morning everyone. Thank you for participating to this presentation. I am Taro Suzuki and the Sales Director at ○○ Inc.(みなさんおはようございます。このプレゼンテーションへご参加いただきましてありがとうございます。私は鈴木太郎で、○○会社の営業部長です。)

このように簡潔な英語で全く問題ありません。

2-1-2.プレゼンテーションの主題

英語のプレゼンテーションに入ったら、まず何について話すのかを伝えます。

日本語では、あれこれ前置きがありますが、英語はまずストレートに目的、主題を伝えます。

いくつか、よく使う出だしの英語の表現があります。

  • Today, I’d like to talk about ~./本日は~についてお話したいと思います。
  • The purpose of my presentation today is to talk about ~./本日のプレゼンテーションの目的は~です。
  • The subject of my presentation is ~./プレゼンテーションの主題は~です。
  • The theme of my presentation is ~./プレゼンテーションのテーマは~です。

2-1-3.プレゼンの所要時間

プレゼンの所要時間を伝えます。

欧米人は特に時間を気にする人が多いので、ここで所要時間をきちんと伝えておくことで、プレゼン中に内容に集中してもらえます。

下記が良く使う英語の表現の例です。

  • I’ll be speaking for about 30 minutes./私は30分ほどお話させていただく予定です。
  • My presentation will take approximately 50 minutes./私のプレゼンテーションは大よそ50分を予定しています。

2-1-4.プレゼンの概要

プレゼンの概要を伝えます。

概要の伝え方も、よく使うパターンがあります。

話す内容を3~4個程度の柱にわけて、まずはその柱が何個あるのかを伝えます。そして、それを順に、1ずつ説明します。

「プレゼンテーションの概要を伝える英語の例文」

There are three things I’d like to talk on this presentation. First, ~. Second, ~. Finally, ~.(このプレゼンテーションでお話ししたいことは3つのことです。初めに~。次に~。最後に~についてお話します。※second の代わりに、then(次に)という表現も使えます。

2-1-5.プレゼンの質問について

質問を都度受け付けるのか、最後に質問時間を設けるのかを伝えます。

英語に自信がない段階では、途中で質問に答えるのは難しく、プレゼンテーションの流れ自体を壊してしまいかねません。

よって、英語初心者は質問を受ける場合は、最後にしましょう。

「プレゼンテーションの最後に質問の時間を設ける場合の例文」

We will have a Question and Answer session at the end of the presentation.(プレゼンテーションの最後に質問の時間を設けます。)

質問はできればあったほうがいいですが、英語力的に難しい場合は、あえて質問の時間をなくしてしまうというのもありでしょう。その場合は、ここで質問については触れずにすすめてOKです。

2-2.プレゼンテーションの「Main Body(本題)」

本題の内容については、プレゼンの内容によって様々ですが、Introductionで話した概要の柱を順番に詳しく説明します。

事前にパワーポイントなどで準備してたグラフや図は、この本題で示します。

本題で良く使われる英語の表現は下記となります。

  • I’d like to start by~.(または、Let’s start by ~.)/~から始めたいと思います。
  • Please refer to the handout./資料をご参照ください。
  • Let’s look at some numbers./いくつか数字(数値)を見てみましょう。
  • The graph shows ~./グラフは~を示しています。
  • Let’s move on to the next topic./次の話題に進みましょう。
  • I’d like to give a demonstration of ~./~について、デモンストレーションをお見せしましょう。

2-3.プレゼンテーションの「Conclusion(結論)」

ここで、プレゼンがまとめに入ったことを伝えます。

そして、Main Bodyで説明したことを、要約しておさらいして結局言いたいことはなんなのかを簡潔に伝えます。

その後、聞き手にしてほしいことを伝えます。「○○について改めて考えてみる」「○○の購入を検討する」など目的によって様々です。最後にお礼を言ってConclusionは終わりです。場合によっては、質問の時間を設けます。

2-3-1.プレゼンが終わりが近づいていることを伝える

結論に入る前に、プレゼンが終わりに近付いていることを一言伝えます。

プレゼンが終わりに近づいているけることを告げる英語の例文は、「Now I’m reaching to the end of my presentation.(そろそろプレゼンテーションも終わりに近づいています。)」ぐらいでOKです。

2-3-2.内容の要約(まとめ)を伝える

Main Bodyで話した内容を要約します。

プレゼンのまとめを伝える英語の例文は、「Let me summarize the main points of today’s presentation.(プレゼンテーションの要点をお伝えすると~)」などとします。

そして、First, Second, Finally,などとして順番に要点をおさらいします。

2-3-3.結論を伝える

プレゼンの結論で、一番言いたかったことを伝えます。

結論を告げる例文で代表的な英語の言い方は、「In conclusion, ~.(結論は~です。)」です。

また、プレゼンの目的に応じて、必要であれば聞き手に行動を促します。

例えば、環境についてのプレゼンであれば、環境について改めて考えてもらったり、電気の無駄遣いをへらしてもらったりのメッセージを追加します。

ビジネスであれば、契約や購入を促す場合もあります。

将来のビジネスを促す英語の例文は、「We are looking forward to doing business with you.(皆さんとお仕事できるのを楽しみにしています。)」など簡潔に表現しましょう。

そして、最後まで聞いていただいたことのお礼を言います。簡潔な一言の英語でOKです。

  • Thank you for your kind attention./ご清聴いただきましてありがとうございました。
  • Thank you for listening./聞いていただきありがとうございました。
  • Thank you very much./ありがとうございました。

3.英語のプレゼンテーションを成功させるその他のポイント

事前に文章を単純に読むだけではなく、相手に印象が残るようにすることも日本語でも英語のプレゼンテーションの大事な要素です。

3-1.プレゼンテーションでは「ビジュアル・エイド」を活用する

プレゼンではビジュアル・エイドも大切だと言われています。

ビジュアル・エイドとは図や表などプレゼンの内容を視覚的に補助する資料です。

ネイティブの英語のプレゼンテーションでもビジュアル・エイドは上手く活用されていますが、英語に不安のある人は特に、ビジュアル・エイドを活用して、言葉で伝えにくい部分を補いましょう。

ビジュアル・エイドのポイントがいくつかあります。

  • ぱっと見でわかるように、情報を細かく盛り込みすぎない。
  • 言葉で伝えにくいことを図や表でつたえる。
  • 写真などで、見た瞬間のインパクトがあるものを入れるのも良い。
  • パワーポイントや図・表などをビジュアル・エイドとして使う場合は、事前に資料として聞き手に渡しておくことで、見やすく、書き写す必要もないので、内容に集中してもらえる。

これらの要素を英語のプレゼンテーションでも気を付けましょう。

3-2.プレゼンテーションでは「ボディーランゲージ」を使う

欧米では、プレゼン中の動き、アイコンタクトなども重要な要素とされています。

一方で、日本のプレゼンは、資料を読んで説明することに重点を置く場合が多いですね。ずっと、資料だけに目線があって、読み上げるだけという場合もあります。

しかし、動かずに、下ばかり向いて話していると、伝えたい!という気持ちが伝わりません。歩きまわるなど高度な動きは初めは難しいかもしれませんが、手の動きや、アイコンタクトなど、動きをつけてみましょう。

英語のプレゼンテーションを成功させるための重要なポイントの1つです。

3-3.プレゼンテーションを「繰り返し練習」する

英語のプレゼンテーションをスムーズに話せるようになるために、何度も練習することが大切です。

時間内に収まるかどうかも含めて確認します。自信がないと、人は早いスピードで話してしまいがちです。少しゆっくり過ぎるかもしれないと思うくらいのスピードでちょうど良いということを覚えておきましょう。

また、声量も大きすぎるのはよくないですが、少し大きいかなと思うくらいの声量がちょうどよいです。慣れてきたら、強調したい単語などを強調したり、抑揚をつけて話したりすると、聞き手も飽きずに聞くことができます。

練習がプレゼンテーションを技術的に良くすることは、もちろんなのですが何度も練習したという事実は、自信につながります。自信があるとないのとでは、プレゼンテーションのできが大きく違います。

自信を持ってプレゼンテーションに臨むためには、自分が納得するまで練習することが大切です。

まとめ:英語のプレゼンテーションはパターンを覚えるだけ!

プレゼンの重要な部分はMain Bodyですが、多くの人の場合、印象に残りやすいのは最初と最後だと言われています。

何を伝えたいのか、どういう内容の話しなのか、聞き手にどうしてほしいのかなどを、IntroductionとConclusionに簡潔にまとめて、本当に伝えたい部分が聞き手の記憶に残るようにしましょう。

ここでは英語のプレゼンテーションのコツと、使える基本の例文をご紹介しましたが、英語のプレゼンテーションはある程度、お決まりの流れがあります。その流れに沿って、簡潔に話すことが重要です。

また、英語の正確さ、中身だけじゃなく、話し方や、ボディーランゲージ、ビジュアル・エイドも含めて、相手に伝わりやすいプレゼンテーションを心がけることが大切です。

初めは、誰もが緊張しますが、何度もチャレンジしていくことが、上達への早道です。

間違ってもいいから、勇気をだしてチャレンジすることが大切です。英語でのプレゼンテーションができるようになると、いろんな可能性が広がります。是非、チャレンジしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計4万3216人が体験中の無料勉強法
(2017年5月26日現在)


「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・」
「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・」。
「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta