著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「もちろん」の英語|10個の表現をネイティブ並みに使う!

のべ87,853がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
of course

英語の「もちろん」を使い分けることができますか?

「もちろん」といえば 「Of course.」と思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。

学校で、何度も習うため「もちろん=Of course.」と覚えている人も多いように思います。

しかし、実は「もちろん」と言う英語は他にもあります。

同じ「もちろん」でも、シチュエーションによって伝えたい気持ちが微妙に違いますよね。そのシチュエーションごとに英語の「もちろん」も使い分ける必要があります。

よってここでは、英語の様々な「もちろん」とニュアンスの違い、使い分け方をご紹介します。

目次:
1.「Of course.」で英語の「もちろん」を表現
1-1.「当たり前」という「Of course.」の場合
1-2.使えない「もちろん」の「Of course.」とは?

2.「Sure.」で英語の「もちろん」を表現
2-1.「Sure.」の正しい使い方
2-2.「Sure.」をアレンジして「もちろん」を表現

3.その他の英語で「もちろん」を表現
3-1.「Certainly.」で「もちろん」を表現
3-2.「No problem!」で「もちろん」を表現
3-3.「By all means.」で「もちろん」を表現
3-4.「Why not?」で「もちろん」を表現
3-5.「Absolutely.」で「もちろん」を表現
3-6.「Definitely.」で「もちろん」を表現
3-7.「Undoubtedly.」で「もちろん」を表現
3-8.「You bet!」で「もちろん」を表現

1.「Of course.」で英語の「もちろん」を表現

「もちろん」という意味で日本人が頻繁に使うのが、「Of course.」です。

この「Of course.」の意味について詳しく確認してみましょう。

1-1.「当たり前」という「Of course.」の場合

「Of course.」は、「当然」「当たり前」という意味合いで使います。会話の相手の意見に対して、「当然、正しい方向にある」という賛同や許可の意味でつかわれるフレーズです。

例えば何か物を貸してほしいと言われたときに 「Of course.」を使います

  • Can I use this pen?/このペン使ってもいい?
  • Of course./もちろん。

このように、友達などから「このペン使ってもいい?(借りてもいい?)」と聞かれたときに、「もちろん」と答える場合は、許可のニュアンスが入るので、「Of course.」を使います。

「○○って知っている?」と聞かれたときに、「そんなの聞かなくても、当然知っているよ。」というニュアンスで「もちろん」という時にも 「Of course.”」です。

  • Do you know George Washington is the first president of the United States?/ジョージ・ワシントンがアメリカの初代大統領だって知っている?
  • Of course, I know./もちろん!(そんなこと)知っているよ。

ジョージ・ワシントンが初代大統領だということは、アメリカ人なら誰でも知っているような当たり前のことです。「そんなこと、知っていて当然だよ。」というニュアンスで「Of course.」を使っています。

同じ「当然、知っているよ!」という意味の「Of course.」でも、使い方によってポジティブな意味で使うこともできます。相手が「知っていたら嬉しいな」という気持ちで聞いている質問に対して、「もちろん!知っているよ。」という、積極的な「Yes」の意味で使う場合です。

例えば、外国人のお友達と日本について話している時に「和食って知っている?」って聞いた時、ただ単に「うん。知っているよ。」と言われるよりも、「もちろんだよ!すごく健康にいいんだってね!」など、くい気味の回答をしてもらうと話がはずみますよね。こんな時、「有名だからもちろん知っているよ!」という場合にも「Of course.」が使えます。

1-2.使えない「もちろん」の「Of course.」とは?

注意しなければならないのは、「当然だよ!」という意味合いなので場面や会話の内容によっては少し上から目線の言葉になってしまうこともあるということです。

例えば、英検1級などの難しい試験を受験した後、「試験大丈夫だった?合格できた?」って聞かれたときに、「Of course.」で答えると、「簡単だから、受かって当然だよ。そんなこと聞かないで。」というニュアンスに聞こえてしまうことがあります。折角、心配して聞いたのにと相手が気分を悪くしてしまうことがあるので要注意です。

また、レストランやお店などでお客様に何かを頼みごとをされたときに「かしこまりました!」の意味で「もちろんです。」と言いたい場合も、ついついこの「Of course.」を使ってしまう人がいますが、間違いです。

「もちろん、それを私に頼んでもよいですよ。」「それを頼むことは正しいことですよ。」と許可のニュアンスが入ってしまうため、お客様から頼まれごとをした場合には使いません。このような場面の「もちろん」は、「Sure.」を使います。

2.「Sure.」で英語の「もちろん」を表現

「もちろん」という意味の単語で、「Of course.」の次に思い浮かぶのが「Sure.」ですね。

英語では、この「Sure.」は、頻繁に使われるので是非細かいニュアンスを覚えたい単語です。

2-1.「Sure.」の正しい使い方

もともと単語の「Sure.」は、「(人)が確かで、確信して」という意味の単語です。

そこから、「確信している」「かしこまりました」「いいですとも」「もちろんです」という意味でこの単語を単独で使われるようになりました。

「Sure.」は誰かから何かを依頼された場合に「もちろん」の意味で使います。

例えば、レストランなどで、お客様が店員になにか頼みごとをした時の返答として一番使われるのがこの「Sure.」です。

  • 客:Excuse me. May I have some water?/すみません、お水をいただけますか?
  • 店員:Sure./もちろん(かしこまりました)です。

その他には、なにか誘われたときの回答で「もちろん」という意味でも「Sure.」で答えることができます。

  • Let’s go to see the movie this weekend./週末に映画を見に行こう!
  • Sure./もちろん。

これらの場面では、「Of course.」は使えません。

「もちろん」の言い方を学ぶ時には、まずは「Of course.」と「Sure.」の使い分けがポイントとなります。

2-2.「Sure.」をアレンジして「もちろん」を表現

「もちろん」のSure.をアレンジして使うこともできます。

「Sure thing.」

「Sure」単体の意味ととても似ていますが、「当たり前のことだよ」「もちろんだよ!」という意味で使いす。

「Sure.」と同じく、基本的には質問や依頼をされたときの回答として使います。また、「ありがとう」とお礼を言われたときにも「これくらい、当たり前のことだよ。」という謙遜の意味でも使われることがあります。

「Sure. I’d love to.」

「もちろん!是非、そうしたいです。」という意味です。

何か誘われた時や、お願いされたときに「喜んでそうしたいです」と「もちろん」の意味を強調する場合に、よくこのフレーズを使います。

「Sure. That would be great.」

「もちろん!それはいいですね。(ありがたい、嬉しい。)」という和訳になります。

何か提案されたときに、「そうなると嬉しい」というニュアンスで「もちろん」を言う場合にこのフレーズを使います。

例えば「中華料理を食べに行こう。」と誘われたり、「演劇でも見に行こうか。」などと提案された場合に、「もちろんだよ!いい案だね!」というニュアンスでこのフレーズを使います。

3.その他の英語で「もちろん」を表現

「Of course.」や「Sure.」以外にもネイティブが使う「もちろん」の英語は多くあります。

3-1.「Certainly.」で「もちろん」を表現

「Sure.」と似たニュアンスで、さらにかしこまった言い方をする場合に使うのが、「Certainly.」です。

「確かに」「きっと間違いなく」という意味の単語で、単体で使うと「もちろんです。」という意味です。ニュアンスとしては、「かしこまりました。」に近い言い方です。

否定形で使う場合は「Certainly not.」で、「もちろん、そんなことはないです。」という意味から「とんでもないです。」という意味合いになります。

3-2.「No problem!」で「もちろん」を表現

何かお願い事をされたときに、「Sure.」の代わりに使います。

「もちろん、たやすいご用だよ!」というニュアンスで、「Sure.」より少しくだけた言い方です。

その他にも、似たニュアンスで「OK.」や「All right!」を「もちろん」という意味で使うこともできます。どれも、フレンドリーな言い方なので、使う場面に要注意です。

3-3.「By all means.」で「もちろん」を表現

このフレーズも、「Sure.」と同じシチュエーションで使います。

何か頼まれたとき、質問された時などに使えるフレーズです。直訳すると、「全ての意味で」となり、疑いがない状態、否定することが一切ない状態から、「もちろん」という意味で使われます。

3-4.「Why not?」で「もちろん」を表現

このフレーズは、カジュアルな「もちろんだよ!」と言う意味で使います。誘われた時やお願い事をされたときの返答として使います。

「Why」が「なぜ」で、「not」は否定形です。

直接的な意味は「なぜNOなの?」「なんで断る必要があるの?」という感じです。そこから、「断る理由が見つからないよ」と言う意味で「もちろん!」という返答の時に使います。

3-5.「Absolutely.」で「もちろん」を表現

この単語は、相手が言ったことに対して、積極的に「その通り!」「絶対そうだよ!」と肯定したい場合の「もちろん」という意味で使います。

元々の意味は、「完全に」「絶対的に」という意味で、「Absolutely yes.」の「yes」が省略されています。「完全にその通りだよ。」という肯定で、「Of course.」とニュアンスが似ていますが、「Absolutely.」は、相手を肯定するのでポジティブな意味で使います。

否定形は「Absolutely not.」で「絶対にそんなことはない。」「もちろんそんなことはない。」という意味です。

3-6.「Definitely.」で「もちろん」を表現

この単語の元々の意味は「明確に」「確実に」「はっきりと」です。

疑いがない状態を示していて、「yes」を強調した「Definitely yes.」(絶対にそう) の「yes」を省略したフレーズで、そこから「もちろん」の意味で使います。相手の質問に対して「その通り!」というニュアンスで答える場合や、遊びに誘われたときに「もちろん!絶対行くよ!」などの場合も使えます。

3-7.「Undoubtedly.」で「もちろん」を表現

直接的な意味は「疑う余地がなく」です。

「絶対的に」に近い意味ですが、積極的な肯定というよりは、常識的に考えて「Noであるはずがない」場合、当たり前なことに対して「もちろん」の意味で使います。

「No doubt」や「No doubt about it」も同様の意味になります。

3-8.「You bet!」で「もちろん」を表現

とてもフランクな言い方です。

「bet」は「賭ける」という意味の単語ですが、「賭けてもいいくらい快諾しているよ」というニュアンスから「もちろん」の意味で使います。友達に何かを頼まれた時などに使うフレーズです。

まとめ:英語の「もちろん」は使い方で意味が変わる

さまざまな「もちろん」のフレーズをご紹介しました。

日本語にするとどれも、「もちろん」という意味ですが、使えるシチュエーションやニュアンスが微妙に違います。

まずは、「Of course.」と「Sure.」の大まかな違いを理解しましょう。この2つが使い分けられると、多くの場面で対応できます。

「もちろん」というフレーズは映画などでもよく出てくる場面が多いので、映画を見る時には、どのシチュエーションで、どの「もちろん」が使われているか、注意して観てみるとおもしろいですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計3万3693人が体験中の無料勉強法
(2017年1月5日現在)


「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・」
「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・」。
「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta