著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「情報」の英語|公開や処理など5つの基本表現とその他一覧

のべ875がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「個人情報」「機密情報」など、「情報」に関する表現は様々な場面で使われます。

これらは、英語でもそれほど難しくない表現が多いですが、日本語から英語にする時に、どの単語を使ったらいいかわからくて迷う人も多いはずです。

そこで、ここでは「情報」の英語表現について、基本単語から冒頭でもお伝えしいるような「情報収集」「関連情報」「情報漏えい」など様々な「情報」関連の表現まで詳しくご紹介します。ビジネスの場面やニュースなどのリスニングでも役立つ表現です。

目次:

1.「情報」の基本英語
2.動詞にした場合の「情報」の英語表現
3.メールなどでも良く使う!「情報共有」の英語
4.「情報」に関連する英語表現

1.「情報」の基本英語

「情報」は英語で「information」です。

「information」の発音は下記となります。

読み方
音声
発音記号
インフォメーション
http://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/03/information.mp3
ìnfɚméɪʃən

「information」は、数えられない名詞(不可算名詞)です。可算、不可算の詳しい内容については、「英語の名詞|可算名詞と不可算名詞の2つを押さえるだけ!」の記事を参考にして下さい。

日本語でも「インフォメーション」という言葉は使うのでわかりやすいですよね。基本的にこの「information」を使えばOKなのでシンプルです。

2.動詞にした場合の「情報」の英語表現

「情報を得る」、「情報を集める」などは、どのように英語で言うのでしょうか?

「information(情報)」と一緒に使う動詞を見てみましょう。

  • 「情報を得る(入手する)」:get information ※「obtain(オブテイン)/得る)」を使って、「obtain information」というフォーマルな言い方もします。
  • 「情報を集める」:gather information ※「gather(ギャザー)」は「集める・集まる」という単語です。また、「collect(コレクト)」を使って、「collect information」でも同じ意味です。
  • 「情報を提供する」:provide information ※「provide(プロヴァイド)」は「提供する」という動詞です。「give information」でも同様です。
  • 「情報を整理する」:organize information ※「organize(オーガナイズ)」は「整理する・組織する」などの英語です。
  • 「情報を処理する」:process information ※「process(プロセス)」は「処理する」という動詞でここでは使われています。「行程」という名詞にもなります。
  • 「情報を公開(開示)する」:open information ※「開示する」意味の「disclose(ディスクローズ)」や「さらけ出す」という意味の「expose(エクスポーズ)」という単語を使って。「disclose information, expose information」という言い方もします。

3.メールなどでも良く使う!「情報共有」の英語

ビジネスで同僚などに、メールで「情報共有」することがありますよね。

その時に、使える英語ならではの表現があります。

  • 英語:for your information ※文の頭の場合は「f」大文字にします。また、略して「FYI」と書く場合も多いです。
  • 直訳:あなたの情報のために(お知らせ・情報共有ですが)

メールのタイトルの初めに「【FYI】:~」としたり、本文の冒頭につけたりします。また、紙の書類で回す場合は、赤字で書くことも多いです。

同じような意味で、「just for your information(JFYI)」や、「for your reference」も同じような意味です。

因みに、英語でのメールの書き方については、【英語のビジネスメールの書き方|恥をかかない7つの注意点】を参考にして下さい。

4.「情報」に関連する英語表現

情報に関する様々な表現は、映画でのドラマや映画、またニュースなど見ている時も役立ちます。

それと、ビジネスの場面では欠かせないものですので、それぞれを確認してみましょう。

  • 「情報収集」:information collection ※「collection(コレクション)」は「収集」の意味で、「collect(コレクト)」という動詞の名詞形です。
  • 「情報提供」:provision of information ※「provision(プロヴィジョン)」は「provide(プロヴァイド)/提供する)」の名詞です。
  • 「情報公開(開示)」:disclosure of information ※「disclosure(ディスクロージャー)」は「disclose(ディスクローズ)/開示する」の名詞です。また、「open information」でも同じ意味です。
  • 「基本情報」:basic information ※「basic(ベーシック)」は「基本の」という単語です。
  • 「機密情報」:confidential information ※「confidential(コンフィデンシャル)」は「機密(の)」という英語です。「Keep it confidential.」という表現がありますが、「機密(秘密)にする」という表現です。「secret(シークレット)」より更に機密性が高いニュアンスです。
  • 「重要情報」:critical information ※「critical(クリティカル)」は「重要な・大事な」という英語です。
  • 「関連情報」:relevant information ※「relevant(レレヴァント)」は「関連してる」という意味です。
  • 「最新情報」:the latest information ※「the latest(ザ・レイテスト)」は「最新の~」となり、最上級なので、基本的に頭に「the」は付けます。
  • 「詳細情報」:detail information ※「detail(ディテール)」は「詳細(の)」という意味です。「information in detail」でも同じ意味です。
  • 「事前情報」:prior information ※「prior(プライオア)」は「前の」という英語です。
  • 「内部情報」:internal information ※「internal(インターナル)」は「内部の」という形容詞です。
  • 「外部情報」:external information ※「external(エクスターナル)」は「外部の」となり「internal」とセットで覚えるといいですね。
  • 「付加情報」:additional information ※「additional(アディショナル)」は「追加の」という意味です。
  • 「各種情報」:variety of information ※「variety(ヴァラエティー)」は「多様」という意味です。
  • 「確認情報」:confirmed information ※「confirm(コンファーム)」は「確認する」という動詞です。
  • 「未確認情報」:unconfirmed information ※「unconfirmed」は「未確認の」となります。
  • 「非公開情報」:closed information ※「closed(クローズド)」は閉じられているイメージですね。
  • 「有益な情報」:valuable information, useful information ※「valuable(ヴァリュアブル)」は「貴重な」、「useful(ユースフル)」は「役立つ」という単語です。
  • 「個人情報」:personal information ※「personal(パーソナル)」は「個人的な」という単語です。
  • 「会社情報」:corporate information ※「corporate(コーポレート)」は「会社・企業」で、「company information」と同様です。
  • 「情報流失」:information leak ※「leak」は「漏えい・漏れる」という単語です。
  • 「情報通信」:telecommunications(テレコミュニケーションズ)
  • 「情報システム」:information system
  • 「位置情報」:location information ※「location(ロケーション)」は「位置」です。
  • 「生活情報」:living information ※「living(リヴィング)」は「生活・生きている」という英語です。
  • 「製品情報」:product information ※「product(プロダクト)」は「製品」です。
  • 「情報管理」:information management
  • 「情報管理者」:information manager
  • 「必須情報」:essential information ※「essential(エッセンシャル)」は「必須な・重要な」の英語です。
  • 「ゲノム情報」:genome information
  • 「情報メディア」:information media ※「media」の発音は「ミーディア」なので注意が必要です。
  • 「誤った情報」:misinformation(ミスインフォメーション)
  • 「情報不足」:lack of information ※「lack(ラック)」は「欠けている」という単語です。
  • 「情報交換」:information exchange ※「exchange(エクスチェンジ)」は「交換する・両替する」という動詞としてもよく使われます。
  • 「情報化学」:information science
  • 「投資家向け情報・決算」:information retrieval ※「IR」(アイ・アール)と略させるのが一般的です。「retrieval(リトリーヴァル)」は「回復する・情報を検索する」という動詞でも使われます。
  • 「情報化学」:information science
  • 「情報産業」:information industry ※「industry(インダストリー)」は「産業」という英語です。(
  • 「個人情報保護法」:the Personal Information Protection Law ※「protection(プロテクション)」は「保護」、「law(ロー)」は「法律」です。
  • 「ホームページ」:web site ※「homepage(ホームページ)」はそのサイトのトップページのみを指すので、一般的には「web site(ウェブ・サイト)」を使います。
  • 「(パソコンなどを)インターネットに接続する」:hook up to the internet ※「hook up(フック・アップ)」は「繋げる」という熟語です。
  • 「(ホームページなどを)閲覧する」:view(ヴュー)
  • 「テレビ局」:TV station
  • 「新聞社」:newspaper company
  • 「出版社」:publisher(パブリッシャー) ※「出版する」は「publish(パブリッシュ)」です。

まとめ:「情報」の英語は吸収しやすい!

「情報」は英語で「information」で、日本語にもなっているのでわかりやすいですね。

「情報」については、ビジネスなどを中心に「個人情報」や「情報漏洩」など様々な関連表現があります。

「~情報」と言う表現は、基本的に「information」を使っていますし、一緒に使う単語はそれほど難しいものではなくよく使われる単語も多いです。

例えば「内部情報」の「internal information」と、「外部情報」の「external information」に使われている「internal(内部の)」と「external(外部の)」の意味を分かればどのような情報なのか?というのも自然と判明します。

全て覚えるのは大変なので、ここでご紹介したリストでどのような表現が使われているかだけを確認しておいて、必要なものだけ覚えればOKです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計4万4548人が体験中の無料勉強法
(2017年6月21日現在)


「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・」
「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・」。
「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta