著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英語の「不定詞」|3つの用法を簡単に5分でマスターする!

のべ43,208がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

英語の習得には必要不可欠な「不定詞」の使い方をおさらいしませんか?

「to + 動詞の原形」で動詞を名詞や形容詞の用に使える不定詞、ネイティブは様々な場面でこの不定詞を使います。

学校の授業でもこの不定詞を学んだけれど、いまいちわからないという人も多いのではないでしょうか。

用法の数がたくさんあってわかりにくいと感じている人も多いと思いますが、それほど難しいことではありません。

よって、今回は不定詞について、英語が苦手な方にも分かりやすくご説明したいと思います。不定詞があやふやになっていて、よくわからない方も一度この機会におさらいしてみてください。

目次:
0.不定詞とは?
1.不定詞の「名詞的用法」
1-1.「主語」としての役割
1-2.「目的語」としての役割
1-3.「補語」としての役割
2.不定詞の「形容詞的用法」
3.不定詞の「副詞的用法」
4.その他の「不定詞」の形
4-1.「WHの疑問詞」+不定詞の形
4-2.「It + be動詞」+不定詞の形
4-3.「too~」+不定詞の形
4-4.不定詞の否定形

0.不定詞とは?

不定詞は「to + 動詞の原形」の形をして動詞以外の働きをするもののことです。

動詞は基本的には原形の形をとり、複数形や過去形などの形にはならないことが重要なポイントです。

まずは、この基本の形をしっかり覚えましょう。

基本:「不定詞」=「to+動詞の原形」

不定詞には代表的な3つの用法があります。

  1. 名詞的用法
  2. 形容詞的用法
  3. 副詞的用法

「~的用法」と表現すると難しく聞こえるかもしれませんが、「to」を使って動詞を名詞の代わりとして使ったり、形容詞や副詞の代わりとして使ったりするということです。

これらの3つの用法を順番に詳しく説明します。

1.不定詞の「名詞的用法」

動詞の「to」を使って名詞の代わりとして使う方法を不定詞の「名詞的用法」といいます。

意味は「~すること」です。

不定詞の場合、動詞の原形ですから単数形として扱います。

不定詞の名詞的用法は配置される場所によって、3つの役割に分けることができます。

1-1.「主語」としての役割

不定詞の「to + 動詞の原形」を使うことで動詞を主語として使うことができます。

例が下記となります。

  • 英文:To play succor is fun.
  • 和訳:サッカーをすることは楽しい。

このように、主語の位置で使うと文の主語としての役割を果たします。

動詞の「~ing」の形と基本的には同じ意味ですが、ニュアンスが若干異なります。

不定詞は、一般的な事柄を表現する時に使われます。この文の例だと、「(一般的に)サッカーをすることは」というニュアンスで使っています。

この、一般的なことに使われるという特徴から、規則などルールを伝える場合にも不定詞「to + 動詞の原形」がよく使われます。

動詞を主語として使う場合、「サッカーをすること」という動詞の部分が引き立ち強調されます。あえて、強調したい場合、目立たせたい場合にこの不定詞の主語を使うことが多いです。

逆に、「~ing」の場合は、「自分がサッカーをしている」という主観のニュアンスが入っています。

1-2.「目的語」としての役割

不定詞の「to + 動詞の原形」は目的語の名詞としても使うことができます。

意味はこの場合も「~すること」です。

下記が一例です。

  • 英文:I like to travel foreign countries.
  • 和訳:私は外国を旅することが好きです。

この不定詞は目的語の位置で使われています。

目的語の場合も、動詞の「~ing」の形より、一般的な事柄について表現されています。

その他にも、これから起きること、行うことを表現する場合に不定詞の形を取ることがあります。

  • 英文:I want to be an English teacher.
  • 和訳:私は英語の先生になりたいです。(なることを望む)

この文の場合、今はまだ英語の先生になっておらず将来の目標を話しています。このようにこれから起きることを表現する場合は動詞の「~ing」ではなく「to + 動詞の原形」である不定詞を使います。

「want」のようにこれから先の話をする動詞の後には動詞の「~ing」ではなく不定詞と決まっています。

「want」と同じく、その後に続くのが不定詞のみの目的語を使う代表的な動詞は以下です。

  • agree/同意する
  • attempt/務める
  • aim/目標とする
  • choose/選ぶ
  • contract/契約する
  • decide/決める
  • desire/欲する
  • expect/予期する
  • hesitate/ためらう
  • hope/望む
  • intend/意図する
  • learn/学ぶ
  • manage/管理する
  • mean/~するつもり
  • need/必要だ
  • offer/申し出る
  • promise/約束する
  • pretend/ふりをする
  • promise/約束する
  • plan/計画する
  • promise/約束する
  • refuse/拒否する
  • tend/傾向がある
  • wish/~したい

1-3.「補語」としての役割

不定詞の「to + 動詞の原形」は補語の形でも使うことができます。補語は主語や目的語を補う形です。

意味は補語の場合も「~すること」です。

下記が例文となります。

  • To see is to believe.
  • 見ることは信じること(百聞は一見にしかず)

この文は「be動詞」を補う補語の形で使われています。

2.不定詞の「形容詞的用法」

不定詞の「to + 動詞の原形」は形容詞の代わりにもなります。これを不定詞の形容詞的用法と言います。

意味は「~するための」もしくは「~すべき」です。

形容詞は名詞を修飾する形で使いますが、それと同じ使い方をすることができます。

例文は次となります。

  • 英文:I have a lot of homework to do.
  • 和訳:私は沢山のすべき宿題がある。

この文の中での不定詞は「to do(すべき)」で、この不定詞は直前の「homework(宿題)」という名詞を修飾しています。

形容詞的用法の不定詞はその部分だけ取り出すと、「to」をとって動詞と名詞を入れ替えても意味が成り立ちます。

入れ替え:「homework to do」 → 「do homework」

気をつけたいのは「前置詞が必要な場合」です。

例文:

  • 英文:She found a house to live in.
  • 和訳:彼女は住む(ための)家を見つけた。

この場合、「in」のつけ忘れに要注意です。

「a house to live」の場合、入れ替えると「live a house」で前置詞「in」が足りないので成り立ちません。a 「house to live in」にすると、「live in a house」で正しい英語になります。

もちろん、修飾する名詞は1つの単語ではなくて、語句のグループの場合もあります。

  • 英文:I have many friends to hang out with.
  • 和訳:私は一緒に遊ぶ(ための)たくさんの友達がいます。

この場合は、直前の「friends」だけでなく「many friends」という語句のグループを修飾しています。

3.不定詞の「副詞的用法」

不定詞「to + 動詞の原形」のもう一つの使い方が副詞的用法です。

意味は「~ために」「~して」となります。

一般的に副詞の役割は、動詞、形容詞、副詞自身を修飾します。名詞を修飾するのは形容詞で、それ以外が副詞です。不定詞も副詞と同じ役割として使うことができます。

不定詞を説明する前に、まず副詞のおさらいをしましょう。

  • 英文:She talks fast.
  • 和訳:彼女は早く話します。

※副詞の「fast」は、talksという動詞を修飾しています。

  • 英文:I am very happy.
  • 和訳:私はとても幸せです。

※この場合の副詞は「very」で、happyである形容詞を修飾しています。

  • 英文:She talks very fast.
  • 和訳:彼女はとても早く話します。

※この場合の副詞は「very」で、fastである同じ副詞を修飾しています。

このような副詞の働きと同じ形を、「to + 動詞の原形」でとるのが不定詞の副詞的用法です。不定詞では特に動詞と形容詞を修飾する形として使われます。

  • 英文:I went to Hawaii to see my friend.
  • 和訳:私は友達に会うためにハワイに行きました。

※「went to Hawaii(ハワイへ行った)」という行為、すなわち動詞の理由を不定詞を使って説明しています。

  • 英文:It is easy to find him.
  • 和訳:彼を見つけることは簡単だ。

※この文では形容詞のeasyを不定詞を使って、つまり「何が簡単なのか」を説明しています。

4.その他の「不定詞」の形

ここまでご紹介した、不定詞の名詞的用法、形容詞的用法、副詞的用法の3つの形以外にも形容詞を使う方法があります。

代表的なものをご紹介します。

4-1.「WHの疑問詞」+不定詞の形

WH(what、where、when、which、how)の疑問詞と不定詞を組み合わせて使う場合があります。

  • I don’t know what to say./何と言ったらいいかわからない。
  • I can’t decide where to go for vacation./休暇に何処へ行くか決められない。
  • The important thing is when to start./大切なことはいつ始めるかだ。

このように、「いつ~するか」「だれと~するか」「どこで~するか」等の表現は疑問詞と不定詞を組み合わせて使います。

4-2.「It + be動詞」+不定詞の形

不定詞を「It」で始まる文はとても頻度が高く使われる文です。

主語の「It」は説明不足で具体的な情報がないため「to」を使って説明するという形でつかいます。

  • It is time to go./そろそろ行く時間だ。
  • It is exciting to go a new place./新しい場所に行くのは楽しい。

この「It」と不定詞の文は、これまでにも出会っている人が多いのではないでしょうか。かなり使えるので、覚えておきましょう。

4-3.「too~」+不定詞の形

「too~」と不定詞をつかった文も良く使います。

意味は「~するには~すぎる」、またh「~すぎて、~できない」です。

  • It is too expensive to buy./高すぎて買えない。
  • he runs too fast to catch./彼は早く走りる(走りすぎる)ので捕まえられない。

4-4.不定詞の完了形

不定詞は動詞の原形を使うことが原則ですが、「have」を足して完了形にすることもできます。

  • 英文:It was good to have made an appointment.
  • アポイントメント(アポ)をとっておいてよかった。

※この場合、アポイントメントは話される以前にとられていたので完了形の形をとります。

4-4.不定詞の否定形

不定詞を否定形として使うことができます。

一般的には「not」を不定詞の前につけて「~しないこと」とする文を使いますが、さらに否定形を強める場合「never」を使って「二度と~しないこと」という意味で使うこともできます。

  • She was told not to go to the park./彼女は公園に行くなと言われました。
  • She decided never to meet him./彼女は彼に二度と会わないと決めた。

まとめ:不定詞は「to+動詞の原形」と覚えるだけで大丈夫!

不定詞「to+動詞の原形」の3つの用法とその他に使われる形を確認しました。

不定詞は基本的には、名詞、形容詞、副詞の代わりとして使われますが、「~的用法」という用語は覚える必要はありません。色んな役割をするものがあるということが理解できればOKです。

深く考えずに、英文を作成する時はこの「不定詞」をドンドン使ってみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta