著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

関係代名詞の「which」の3つの使い方を簡単マスター!

のべ20,755がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
english-which

英語で2つの文をつなげる時に使うのが、関係代名詞というものです。

しかし、「who」があったり、「which」があったりして

「いつ使うのか?」

「どのように使うのか?」

など、スッキリしないいことがありますよね。

よって、ここでは「who、whose、whom」との違いを明確にしながら、関係代名詞の「which」の使い方を分かりやすく説明しています。また、最後に簡単なトレーニングも用意しているので、今すぐにでもマスターしましょう!

目次:
1.関係代名詞のwhichの使い方
使い方その1.主語をつなぐ関係代名詞の「which」
使い方その2.目的語をつなぐ関係代名詞の「which」
使い方その3.所有をつなぐ関係代名詞の「which」
2.関係代名詞の「Which」のトレーニング問題

1.関係代名詞の「which」の使い方

2つの文をつなぐ関係代名詞のwhichは3つの用法があります。

使い方その1.主語をつなぐ関係代名詞の「which」

先にある文での「もの(人以外)」と、次の文の主語(〜は)が一致した場合に、whichを使って2つの文章をつなげます。

下記の2つの例文で見てみましょう。

  • 「最初の文」 → I got the ticket.(私はそのチケットを手にしました)
  • 「次の文」 → It was sold yesterday.(昨日、それは売られていました)

ここで、最初の文の「the ticket」と次の文の「It」が一致(同じもの)だとしましょう。

「who」を使って、2つの文をつなげる手順は下記となります。

  1. 「次の文」のItを関係代名詞の「which」に置き換えます - which was sold yesterday
  2. 「1の文」を「最初の文」につなげて完成です → I got the ticket which was sold yesterday.(私は、昨日売られていたそのチケットを手にしました)

 
よって、the ticketとitがのところが、the boyやheのように「人」の場合は、関係代名詞の「who」を使います。

人の場合
もの(人以外)の場合
Who
Which

使い方その2.目的語をつなぐ関係代名詞の「which」

先にある文での「もの(人以外)」と、次の文の目的語(〜へ、〜を)が一致した場合に、whichを使って2つの文章をつなげます。

下記に2つの例文があります。

  • 「最初の文」 → Those are books.(それらは本です)
  • 「次の文」 → I bought them.(私はそれらを買いました)

最初の文の「books」と次の文の「them」が一致(同じもの)だとしましょう。

下記が「which」を使った手順となります。

  1. 「次の文」のthemをwhichとします -  I bought which
  2. 「1の文」の並びを入れ替えます - which I bought
  3. 「2の文」を「最初の文」のbooksの後ろにつなげて完成です → Those are books which I bought.(それらは私が買った本です)

よって、booksやthemのところが、人の場合は関係代名詞の「whom」となります。

人の場合
もの(人以外)の場合
Whom
Which

使い方その3.所有をつなぐ関係代名詞の「which」

先にある文での「もの(人以外)」と、次の文の所有格(〜の)が一致した場合に、人の時と同様の「whose」か「of which」のいずれかを使って2つの文章をつなげます。

「Whose」を使う場合

Whoseは「人」と「もの(人以外)」の場合の両方に使います。

下記に2つの例文があります。

  • 「最初の文」 → I saw Becky.(私はベッキーを見ました)
  • 「次の文」 → Her father is a teacher.(彼女のお父さんは先生です)

最初の文の「Chris」と次の文の「Her」が一致(同じ人)だとしましょう。

下記が「whose」を使って、つなげる手順となります。

  1. 「次の文」のHerをwhoseに置き換えます - whose father is a teacher
  2. 「1の文」を「最初の文」につなげれば完成です → I saw Becky whose father is a teacher.(私はベッキーを見ましたが、彼女のお父さんは先生です)

「Of which」を使う場合

「Of which」はwhoseと同じ役割ですが、多少複雑になります。

下記に2つの例文があります。

  • 「最初の文」 → It is the cell phone.(それは携帯電話です)
  • 「次の文」 → Its color is blue.(その色は青色です)

最初の文の「the cell phone」と次の文の「Its」が一致(同じもの)だとしましょう。

このような場合の手順は下記となります。今までの例文よりちょっと難しくなります。

「Of whichを使った手順」

  1. 「次の文」のItsをof whichに置き換えます - Of which color is blue
  2. 「1の文」の並び順を入れ替え、theを付ます - the color of which is blue
  3. 「2の文」を「最初の文」のthe cell phoneの後ろにつなげて完成です → It is the cell phone the color of which is blue.(それは、色が青色の携帯電話です)

※通常、「the」を名詞の前に付けます。この場合は、「Its color」が「the color」となります。

人の場合
もの(人以外)の場合
Whose
Whose、または Of which

2.関係代名詞の「Which」のトレーニング問題

下記のご紹介しているトレーニングをスキマ時間に試すことで、関係代名詞の「which」の使い方をマスター出来ます。

次の例題にある、それぞれの2つの文をつなげてみましょう。

  1. 「I have to study English(私は英語を勉強しなくてはならない)」と「The language is very important(その言語はとても重要です)」
  2. 「I never read the book(私はその本は読みません)」と「My friend gave it to me(私の友達がその本を私にくれました)」
  3. 「I like to join the team(私はそのチームに所属したいです)」と「Its reputation is good(そのチームの評判はいいです)」

下記が解答となります。

  1. I have to study English which is very improtant ※the languageをwhichに置き換え、つなげて完成
  2. I never read the book which my friend gave to me ※toを外して、which my friend gave meでもよい
  3. I like to join the team the reputation of which is good(または、I like to join the team whose reputation is good)

まとめ:関係代名詞の「Which」は「人以外」と覚えるだけ

Whoやwhomと違い、whichはもの(人以外)の時に使う便利な関係代名詞です。

ただし、注意点として「〜の」(所有)の場合は、whose(またはof which)を使うということ。ご自身でもテキストなどにある2つの関係性のある文章をつなげるトレーニングはどの英文でも可能です。

基礎を理解して、あとは慣れるだけ!

超簡単!関係代名詞 who whose whomの使い方の記事の中で各用法については詳しく説明していますので、「which」と一緒に基礎固めをしたい方へはお勧めです。ご参考まで。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計3万1539人が体験中の無料勉強法 (2016年11月28日現在)

「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・」
「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・」。
「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta