著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「失敗」の英語|2つある英単語と会話でも使えるフレーズ集

のべ901がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
failure

「失敗」を英語で言えますか?

日々の生活、仕事をしていると必ずあるのが「失敗」ですよね。「失敗は成功のもと」という言葉もあるくらい、日常会話でも、ビジネスシーンでも使われる英語です。

その「失敗」素直に認めて、状況を打開したり、次に繋げるためにも「失敗」についての英語のフレーズを知っていたほうがいいですよね。

よってここでは、日本人にありがちな、 “I’m sorry.” ばかりを繰り返したりしないためにも、「失敗」に関する表現を学んでおきましょう!

1.「失敗」の英語
1-1.「失敗してしまった」の英語表現
1-2.カジュアルな「失敗しちゃった」の英語表現
1-3.失敗に関する英語表現:「mis」がつく単語
2.「失敗」に関する英語表現

1.「失敗」の英語

失敗は英語で様々な表現がありますが、「mistake」「failure」の2つが、基本の単語です。

英語
読み方
音声
発音記号
mistake
ミステイク
http://mysuki.jp/wp-content/uploads/2016/07/mistake.mp3
mɪstéɪk
failure
フェイリアー
http://mysuki.jp/wp-content/uploads/2016/07/failure.mp3
féɪljə

1-1.「失敗してしまった」の英語表現

一般的に「失敗してしまった」と言いたい時は下記が基本となります。

  • 英語:I made a mistake.
  • 解説:mistakeにつく動詞はdoではなくmake(過去形:made)なので、この点は要注意です。沢山の失敗(ミス)をした時は、複数形で、「I made mistakes」となります。

1-2.カジュアルな「失敗しちゃった」の英語表現

同じ失敗でも、「やっちゃった!」とカジュアルに言いたい時は下記の表現でもOKです。

  • I messed up.
  • I screwed up.
  • I blew it.

カジュアルな口語なので、友達同士や、仲のいい同僚に対して使いましょう。正式な場面では使えません。

失敗はすべて過去に起こったことなので、過去形で表現するのが通常です。

1-3.失敗に関する英語表現:「mis」がつく単語

日本語でミスという失敗を表わす言葉がありますが、その「ミス」がついた失敗に関連する単語がたくさんあります。

これらの単語で何を失敗したのか、わかりやすい形で失敗を伝えることもできます。

  • misread:誤解する、読み違える
  • misunderstanding:誤解、間違った理解
  • miscalculation:計算間違い
  • miscount:数え違えること、誤算
  • misinterpretation:誤解、語訳、間違った解釈
  • misconception:思い違い、誤解
  • misjudgment:誤審、誤った判断
  • misestimation:計算間違い
  • misapprehension:思い違い、誤解
  • misrepresentation:不正確な説明、誤って伝えること

「mis」の部分を外した元々の単語を知っていると、これらの単語は簡単に覚えられます。

しかし、これらは無理に全て覚える必要はありません。

一度見ておくと、リーディングなど出てきた時に「mis」がつけば、「失敗」に関する表現かも?と判断して、意味を想像することができますね。

2.「失敗」に関する英語表現

ネイティブとの会話の中でも使えたり、また聞いたりする「失敗」に関連するフレーズなどをピックアップしてみました。

  • 「失敗から生じる」:come out of failure
  • 「失敗に終わる」:end in failure
  • 「失敗から立ち直る」:bounce back from failure
  • 「失敗から得る」:draw from failure
  • 「失敗から学ぶ」:learn from a mistake
  • 「失敗ができない状態(許されない状態)」:without a net ※高いところから落ちても、落下防止用の安全ネットが無いことから、「失敗できない状態」の時に使われます。
  • 「失敗した人」「失格者」:failure

また、日本語には「失敗は成功のもと」という格言がありますが、英語では何と言えばよいでしょうか。

そのまま表現したり、「失敗」の単語はないものの、同様の意味を含む表現があります。

  • 「Failure teaches success.」:直訳は「失敗が成功を教えてくれる」です。
  • 「You learn from your mistakes.」:直訳は「失敗から学ぶ」です。
  • 「No pain, no gain.」:直訳は「痛みがなければ、得るものはない」です。失敗は成功のもと、という場合よりも「努力に勝る天才なし」という場面でも良く使われます。
  • 「Every failure is a stepping stone that leads to success.」:「全ての失敗は成功へと続く布石である」これも「失敗は成功のもと」に近いですね。

「失敗した時の「I’m sorry.」は最小限に抑える」

失敗した時についつい出てしまうのが “I’m sorry.”で、日本人は結構この言葉を連発してしまう傾向がありますが要注意です。

日本では「ごめんなさい」「すみません」と非を素直に認めて謝るのが美徳とされています。

完璧に自分の非ではなくても、自分にも悪いところがあったなと思ったら、お互いに「すみません」と謝ることが多いですよね。

しかし、英語圏では自分に非がないのに謝ったりはしません。

後々裁判沙汰や、責任問題になった時に非を認めてしまった人が責任を取ることになるので、その点に関してはかなり慎重です。

“I’m sorry.” と相手が言ったとしても、それは「すみません」という謝罪ではなく、「お気の毒に」「残念です」とあなたの失敗について同情しているいる場合もあります。

また、“I’m sorry.” を、連発していると自信が無い人、プロフェッショナルではない人に見えてしまって、相手の信頼を失うこともあります。

では、どう対応したらいいのでしょうか?

“I’m sorry.”を使う場合は、“I’m sorry for ~.” と何について、謝りたいのかを明確して謝るか、間違ってしまったことや、思い通りに行かなかった結果は何なのかを明確にして、どう対処するか、次にどうするかを伝えるのがよいでしょう。

  • 英語:I’m sorry for what happened.
  • 日本語:起きてしまったことに対して、残念に思います。

このように、「残念に思う」という意味で、責任については明確にしないでその場は切り抜けるという方法もあります。

失敗の責任が明らかに自分にあり、謝りたい場合は「I’m sorry.」 よりビジネスライクなapology(謝罪)を使った謝罪がよいかもしれません。

  • Please accept my apologies.:「大変申し訳ございませんでした。」 ※直訳では「私の謝罪を受け入れてください」です。
  • My apologies for the mistake.:「失敗してしまい申し訳ございませんでした。」 ※apologyが複数形の「apologies」になる点は要注意です。

まとめ:「失敗」の英語はカジュアルなものからフォーマルまでを覚えておきましょう!

「失敗」の英語は名詞で「mistake」や「failure」ですが、場面や失敗の内容に応じて様々な言い方で表現しましょう。

カジュアルな表現も覚えておくと便利で、ネイティブもよく使う表現です。友達同士の会話ではサラッと言えるようになると会話もスムーズになります。

ここで説明したように、失敗した時の謝り方は、文化の違いもあるので注意しましょう!

このように、英語を学ぶ時は、考え方、文化も一緒に学ぶと正しい使い方ができるようにもなるので、是非参考にしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計3万1539人が体験中の無料勉強法 (2016年11月28日現在)

「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・」
「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・」。
「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta