著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英語で日記は効果的!初心者でもすぐに書ける21つの基本例文

のべ142,844がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
日記を書いている様子

あなたは、英語で日記を書きたいと思っているが、「何を書いたらいいのか」悩んでいませんか?

しかし、「英語を話せるようになりたい!」「英語を書けるようになりたい!」など、英語で表現ができるようになりたい人にオススメな学習法が英語で日記を書くことです。

自分からなにか表現する!ということは日本人が一番苦手にしているところです。日本語でも苦手なのに、英語で表現するとなるとそれなりに場数を踏む必要があります。そのために、「英語で日記を書く」というのは最適なです。

英語で日記を書くなんて難しそうだ!と思ってしまうかもしれませんが、そんなに難しく考える必要はありません。

あなたのレベルにあったところから、無理なく始めればいいんです。無理なく毎日続けることで確実に英語力UPに繋がるので、ストレスを感じることなく、是非チャレンジしてみてください。

【目次】

1.英語で日記を書くコツその1.表現する機会を増やす
2.英語で日記を書くコツその2.真似をしながら続けることが大切
英語で日記を書く例文集その1.今日の天気
英語で日記を書く例文集その2.今日は何の日?
英語で日記を書く例文集その3.気分や行動
■「気分」について
■「行った場所」について
■「買った物」について
■テレビやYouTubeで「番組を観た」について
■「本を読んだ・音楽を聞いた」について
■「出会った人」について
■「食べた物」について
■「寝起き」について
■「その他」の話題について
3.英語で日記を書くコツその3.初級者レベルから次のステップへ
●基本の文から始めてそこに足していく
●き終わったら必ず読み直す
●始まりの単語を気にしてみる
●交換日記をする
●日記を添削してもらう

1.英語で日記を書くコツその1.表現する機会を増やす

英語で何かしらを表現するという機会を増やせば英語力も付いていく、という認識を持つことが初めの一歩です。

英語力の中でも日本人が一番苦手なのが、話したり、書いたりする「表現」の部分です。読むことや日本語を英語に訳することは学校で練習します。しかし、自分が言いたいことを書く、話すという練習はほとんどしません。独学で英語を勉強する時も、聞く時間、読む時間は多く設けるのですが、書くことや話すことは後回しという人が多いのではないでしょうか。

でも、自分で表現するということはコミュニケーションでとても大切な部分です。

コミュニケーションはキャッチボールなので、相手が何を言っているかを理解するだけでは、会話は弾みません。自ら表現することなしに、コミュニケーションは成立しません。英語で会話したい!と思ったら、聞いたり、読んだりしているだけではだめなんです。書く練習、話す練習が大切です。

そして、表現の練習をすることは英語力アップを促進してくれます。

聞くことは、聞き流すことができます。読むこともわからないところをとばして、だいたいの意味を把握するだけでもできます。でも、書くことや話すことは、知らない単語は書けないですし話せないです。聞いたり、読んだりするよりも考えて英語をつかうことになります。

ここが、ポイントなんです。

無意識に何百時間も英語を聞き流すのと、アメリカで生活して頭をフルに使いながら、数日間英語でコミュニケーションをするのでは、後者の方が英語力がつくはずです。

言いたいことを表現すると、考えながら英語を使うので少ない数でも英語がどんどん身についていきます。英語を話したい!読めるようになりたい!と思うなら、自分で書いてみる、話してみるという練習が大切です。

それらの表現の練習には「英語で日記を書くこと」から始まります。

英語を学ぶ時に、話すことより書くことの方が難しそうというイメージがあります。たしかに、論文などを書くことは、日常会話を話すより難しいです。でも、それはくらべている次元が違うだけです。論文を書くことと、論文と同じ内容について英語で討論することを比べると、前者のほうが簡単だということがわかるでしょう。

書くことは、会話することより簡単です。なぜなら、その場に相手がいないので、キャッチボールする必要がないからです。自分のスピードで、相手のことを気にせず、練習ができます。

相手の言葉を理解する必要もないですし、辞書を使うこともできるんです。ボールを投げたことが無い人は、キャッチボールの前にボールを投げる練習をしますよね。

英語で日記を書くということは、それと同じことです。

会話のキャッチボールをする前に、ボールを投げる(表現する)基本の練習です。ボールを何度も投げて自信がつけば、キャッチボールも難しいことではなくなります。このように、英語の場合も日記で練習をすることで、確実に自分の中の英語のストックが積み重なっていきますし、英語を使うことへの抵抗感も少なくなるので話すこともできるようになります。英会話ができるようになりたいと思う人は、まず日記を書くことから始めてみましょう。

2.英語で日記を書くコツその2.真似をしながら続けることが大切

英語の日記といっても、初めは難しいことを書く必要はありません。ネイティブの書き方を真似して、1日3文でOKです。

天気のこと、今日は何の日か、今日会った人、行った場所、今の気持ちなどすごくシンプルなことから書き始めればいいんです。このくらいのことであれば、中学1~2年生レベルの英語で書くことができます。

最低限の文法を先ず確認してから、始めるのもいいでしょう。その場合は、TOEICも英会話も楽しくなる中学英語の文法14選の記事で紹介している英文程度で十分です。

しかし、簡単な文でもどう言ったらいいかわからないという人は、後でサンプル文などもご紹介するのでそれを真似して書いてみてください

その日の天気や、気分によってちょっと単語を入れ替えるくらいだったら、英語が苦手という人でも簡単にできると思います。

英語の日記に使える表現を集めた本などもあるので、それを1冊購入して、参考にしながら書くのもいいでしょう。語学で大切なことは、最初は真似ることです。真似て、それを自分のものにしていくその繰り返しが英語上達への早道です。

英語の日記を書く時に、大切なことは気負わず簡単な文から始めることです。そして、最初からたくさん書こうとしないこと。

ただし、毎日日記を続けること。これが、意外にできない人が多いんです。

最初の日は気合が入っていて、ノート1ページにびっしり書くけれど、次の日は、半分、次の日はまた半分。そして、次の日は、疲れちゃったからお休みしよう。これが三日坊主の典型的なパターンです。

無理をしないことです。

1日3文でいいから、ちゃんと時間をとって書くこと。わからない言葉を辞書で引いて、言い方を考えてなど丁寧にやれば、3文でもそれなりに時間がかかりますし、いい勉強になります。それを、毎日確実に積み重ねていくことで、1ヶ月、3ヶ月と時間がたつと着実に英語力がついてきます。

ある程度、慣れてきて、3文で物足りなくなったら5文、10文、15文と少しずつ増やして行きましょう。何回も繰り返しになりますが、無理をしないこと、続けることが大切です。

何から書いていいかわからないという人のために、よく使えて、すごく簡単な表現の例文をご紹介します。単語を入れ替えて、使ってみてください。

英語で日記を書く例文集その1.今日の天気

何か特別なことがなくても、毎日天気はかわります。書くことが見当たらない時は天気から書きはじめるのも良いでしょう。

例えば、「今日は雪でした」という日本語を英語にしたら、「It was snow today.」となります。他にも、「今日は猛暑日でした」であれば、「Today was an extremely hot day.」と英語で書きます。主語は「It」か「Today」として始めるのが通常です。

天気を表す単語は他にも多くあります。

  • 熱い/hot
  • 蒸し暑い/humid
  • 雪におおわれている/snowy
  • 晴れている/sunny
  • あたたかい/warm
  • 風がふいている/windy
  • 雨が降っている/rainy
  • 曇り/cloudy
  • 乾燥している/dry
  • 霧雨が降っている/dizzily
  • 霧がでている/foggy
  • 凍えるくらい寒い/freezing
  • 暴風雨の荒れ模様/stormy

また、TodayやItから始めるのではなく、主語をThe weather(天気)とWeを使っても下記のような表現もできます。

  • The weather was fine./天気がよかった。
  • We had warm weather./温かい天気でした。

英語で日記を書く例文集その2.今日は何の日?

今日がなんの日か書くのもよいでしょう。母の日、お正月、春分の日など祝日や、記念日だけでなく、給料日など毎月あるイベントでもいいです。

例えば、「今日は母の日です」を英語で、「It is Mother’s Day today.」と書いたりしてもOKです。 主語は「It」から始めましょう。

「今日は~の日です」という表現例は下記となります。

  • 給料日/payday
  • 結婚記念日/(our) wedding anniversary
  • 誕生日/(my) birthday
  • 元旦/New Year’s Day
  • 大晦日/New Year’s Eve
  • 海の日/Marine Day
  • 体育の日/Sports Day
  • 七五三/Shichi-go-san Festival
  • ハロウィン/Halloween

英語で日記を書く例文集その3.気分や行動

その日の気分や、何かした時、どこかに行った時にどう感じたかも日記の定番で、英語の日記でも書いてみましょう。

■「気分」について

あなたの感情を表現します。

幸せな気分であれば、「I am happy.」または、「I was happy」などとして、主語は必ず「I」として英語で表現します。

※気分がまだ継続している場合は、現在形の「I am」で表現してもOKです。

感情を表わす単語(形容詞)は下記となります。

  • 嬉しい/glad
  • 興奮して/excited
  • 疲れて/tired
  • 悲しい/sad
  • 怒っている/angry
  • 気が動転している/upset
  • 緊張している/nervous
  • 元気のない/depressed
  • ショックを受けて/shocked
  • 寂しい/lonely
  • 混乱している/confused

■「行った場所」について

出かけた場所についても、よく書ける話題です。日々出かける場所から、旅行先までいろいろあるでしょう。

カフェに行ったのであれば、「I went to a café.」として、「I」を主語にして、goの過去形である「went」を使います。

場所は名詞を使います。

  • 銀行/bank
  • 学校/school
  • 仕事/work
  • コンビニ/convenience store
  • 駅/station

など、多くの場所がありますね。

■「買った物」について

買い物も日記でよく使えるネタのひとつです。

小さいものから大きいものまで色々買い物をします。何を買ったか、どこで買ったかなどを書くとよいでしょう。お店で買った場合と、ネット上で買った場合は言い方が違います。

通常のお店で財布を買った(buyの過去形のbought)場合は、「I bought a wallet today.」となり、ネットで買った(注文した-ordered)場合は、「I ordered a wallet online today.」となり、「onlineを追加」します。

買った物の単語例は下記となります。

  • 花/flower
  • 服/cloth
  • 靴/a pair of shoes
  • カバン/bag

など多くの名詞で表現できます。

■テレビやYouTubeで「番組を観た」について

何かを見たりするのは、毎日1回はあるでしょう。感想を書くのが難しい場合は、その行動だけでも全然大丈夫です。

テレビでクイズ番組を観た場合は、「Today I watched a quiz show on TV.」と、「watched」を使うとスムーズです。

※TVをYou TubeにかえればYouTubeでみたという意味になります
テレビ番組の例が下記です。

  • 料理番組/a cooking show
  • バラエティー番組/a variety show
  • お笑い番組/a comedy show
  • 時代劇/a historical drama

映画を見た場合も、「I watched a movie.」で表現します。

■「本を読んだ・音楽を聞いた」について

ウェブ上で読んだ記事や音楽について書いてもいいですね。

何かしらの本を読んだ場合は、「I read a book.」で、何かの音楽を聞いた場合は、「I listened to a music」となります。

※read(読む)は過去形になっても、同じreadとなりスペルは同じです。
私は本を読みました。

読書や音楽に関連する単語例

  • 雑誌/magazine
  • マンガ/comic book
  • ロック音楽/rock music
  • 日本の歌謡曲/Japanese pop music

など、限定して英語で書いてもOKです。

■「出会った人」について

その日誰と出会ったかを書くのもよいでしょう。

太郎さんいあった場合は、「I saw Taro today.」や、トムと会った場合は、「Today I met Tom」で、seeの過去形「saw」やmeetの過去形「met」を使うといいでしょう。

※どこで会ったのかを追加してもOKです。

■「食べた物」について

食べ物も毎日変るので、日記にかけるネタです。

中級、上級になると何を、誰と、どこで食べたのか、味はどうだったのかなどそこから広げることもできます。

ランチでハンバーガーを食べたのであれば、「I ate a hamburger for lunch.」として、それが夕食であれば、for dinnerでと入れ替えます。また、みんなで中華料理で夕食を食べた場合は、「We had dinner at a Chinese restaurant.」と「we」を主語にして、場所も表現します。

■「寝起き」について

寝起きについても、誰もが日記に書ける話しです。何時に寝て、何時に起きたかということから、寝坊、徹夜などいろいろ表現ができます。

下記がその例文集となります。主語は「I」で、時間に関しては後ろに書きます。

  • I woke up at 6 this morning./私は今朝6時に起きました。
  • I overslept this morning./私は、今日寝坊しました。
  • I went bed early last night./私は、昨日早く寝ました。
  • I stayed up last night./私は昨日徹夜をしました。

■「その他」の話題について

ご紹介した以外にも色々な話題がありますが、初心者の方で、慣れてきたらチャレンジするくらいで大丈夫です。

英語の日記で書ける話題例

  • 仕事や学校のこと
  • ダイエットのこと
  • 気になったニュース
  • 趣味のこと
  • 病気やけがのこと
  • 旅行のこと
  • などなど、探せば話題は沢山あります。最初は似たような内容でもいいですが、少しずつ話題の幅を広げていくと、それに比例して英語での表現力もドンドン付いていきます。

    3.英語で日記を書くコツその3.初級者レベルから次のステップへ

    初級者レベルの日記が書けるようになったら、中級、上級へのステップアップにチャレンジしてみましょう。

    基本の文から始めてそこに足していく

    少し余裕が出てきたら初級者レベルの文に少し表現を足していきます。

    例えば、「I had a lunch.(私はランチを食べました。)」という簡単な文から始めて、「+1表現」でいいので場所、人、物など足してみます

    • 場所を足してみる → I had a lunch at a Mexican restaurant.
    • 人を足してみる → I had a lunch with Mike.
    • 食べた物を足す → I had tacos for lunch.

    このように、ちょっと足すだけで表現が広がります。

    書き終わったら必ず読み直す

    初心者は先ず書くだけでOKですが、その日の日記ができたら、必ず読み直して不自然なところがないか確認しましょう。

    書いている時には気付かなかった文法ミスがある場合があります。また、正しいかわからない場合は辞書などで確認する癖をつけましょう。書いただけで終わりにせず、確認するというちょっとした時間が、英語力アップにつながります。

    辞書の例文を活用する

    特に表現を豊かにしたい場合、日記を書く時には辞書は必須アイテムです。

    言いたい単語を調べることにも使えますが、日本語で言いたいことを辞書で調べて、出てきた単語をそのまま使うと不自然な英語になってしまうことがあります。

    また、和製英語|恥ずかしい!間違いだらけのカタカナ英語54選 の記事のような日本人にしか通じないカタカナ英語にも遭遇したりもします。

    辞書で使えるのは、「例文」です。単語を調べると、言いたいことに近い例文が出てくることがよくあるので、それを参考に単語を入れ替えて使うと自然な英語が書けます。

    始まりの単語を気にしてみる

    英語は主語から始まるので、日記の場合「I(私)」から始まる文がどうしても多くなってしまいます。

    初心者はそれでもいいのですが、少し慣れてきたら、todayを一番前に持ってきたり、少し文を変えて「I」以外の主語が一番前にくるように工夫してみましょう。

    交換日記をする

    英語の日記を長く楽しく続けるために、ちょっとした工夫をしてみるのもいいですね。

    慣れてきて、少し書けるようになったら交換日記をするのもよいです。英語を学んでいる友人と交換日記をしてもいいですし、日本語を学んでいる英語圏のお友達がいれば、あなたは英語、お友達は日本語で書いて、それぞれの英語と日本語をチェックするという方式ができればお互いの語学力アップにつながるのでオススメです。

    日記を添削してもらう

    英語の日記を書くだけで十分英語力アップにつながりますが、もし誰かネイティブか英語に詳しい人で添削してもらえる人がいれば、見てもらうとよいです。

    毎回じゃなくても、たまに見てもらって、気になることを指摘してもらうだけで、毎回同じことで文法が間違っていたというパターンに築けるチャンスになります。例えば、複数のsがついていなかったり、三単元のsが抜けていたり、冠詞が抜けていたりするうっかりミスは、誰かに指摘してもらわないと気付かないことも多いので、もし可能であれば誰かに添削してもらいましょう。

    まとめ:英語の日記を書くことで自分の成長を感じられる

    英語で日記を書くと、英語力がつくだけでなく読み返した時に自分の英語力の成長が見えてくることもメリットのひとつです。

    日々、なんとなく会話していたり、英語の勉強をしていると、それが成果として表れているのだろうか?とふと思ってしまうことがあるでしょう。

    一生懸命勉強しているのに、なんだかちっとも英語力が伸びている気がしなくてやる気が出ないということは、多くの人に起こることです。そんな時に、自分が毎日つけている英語の日記を振り返ると1ヶ月前、3ヶ月前と振り返ると、明らかに文章が違うはずです。こうやって、客観的に成長が見えるものがあるということは、なにかを学ぶ時にはとても大切なことです。

    大切なポイントは、短くていいので毎日続けることと、完璧を目指さないことです。文法や伝わりやすい正確な文章を書くという心がけは大切ですが、あまり細かいことを気にしすぎると続けられません。まず、書いてみて、続けてみてください。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    cta_teacher_img03

    無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

    ◆累計3万3693人が体験中の無料勉強法
    (2017年1月5日現在)


    「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・」
    「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・」。
    「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

    あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

    本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

    今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

    ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

    これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

    机に30分も座れない・・・
    テストは常に赤点・・・
    英語とは無縁の人生だった・・・


    そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

    このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

    今すぐ資料をGETする(無料)

    コメントを残す

    *

    sp-cta