著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英語の日常会話|知っておきたい3つのコツとフレーズ37選

のべ51,330がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

あなたは、「日常会話くらい英語で話せたらいいのに!」と思っていませんか?

ビジネスや専門的なレベルの英語までできなくてもいいけれど、海外旅行でちょっとした会話くらい困らないようになりたいとか、外国人の友達とちょっとした会話くらい話せるようになりたいと思う人は多いですよね。

そもそも日常会話ってどのレベル?

日常という言葉がとてもざっくりしていて、あいまいですね。おおよその目安で言うと海外旅行へ行った時、道を尋ねたり、買い物をしたりする時に最低限必要なことを、多少間違いながらもコミュニケーションできるレベルぐらいでしょう。

困った時にお願いしたいこと、わからないことを尋ねることができて、相手の返答の全てではないけれど、なんとなく大よその内容がわかるくらいのレベルの英語が話せれば、日常生活は問題なく送れるでしょう。

ここでは、英語の日常会話レベルの英語を話せるようになりたい人のために、勉強のコツと日常会話の入り口として大切にしたい基本のあいさつについてご紹介します。あわせて、日常会話がスムーズをスムーズにするための、必須フレーズもご紹介します。

【目次】

1.英語の日常会話は中学英語の基礎で話せる
1-1.中学英語をおさらいする
1-2.英語を書いたり話したりする機会を増やす
1-3.ネイティブの英語の言い回しを盗む
2.英語の日常会話が上達するための重要ポイント
2-1.実際の英語の日常会話はシンプルにする
2-2.英語の日常会話は「あいさつ」が重要
2-2-1.「出会い」のあいさつフレーズ
2-2-1-1.How are you? の返事を工夫する
2-2-1-2.How are you? を他の言い方にする
2-2-2.久しぶりに会った時のフレーズ
2-2-3.別れ際のあいさつフレーズ
2-2-3-1.別れを切り出すあいさつ
2-2-3-2.出会いへの感謝を表現する
2-2-3-3.別れのあいさつ
2-2-4.あいさつと握手
2-3.日常会話をスムーズにするフレーズ
2-4.日常会話の話し方

1.英語の日常会話は中学英語の基礎で話せる

日常会話は高校1年生くらいのレベルということは、中学英語にちょっと応用くらいのレベルです。

英検で言うと準2級が、日常会話レベルとされています。

日常会話というと、幅広くてなんとなく難しく感じてしまう人も多いでしょう。日常会話ができるようになりたいとあれこれ、いろんな参考書に手を出してしまう人も多いでしょう。

でも、実は日常会話は中学英語の基礎がしっかりしていて、多少語彙など応用ができれば問題なく話せるんです。

日常会話で、自分の最低限の意思を伝えるレベルでは、文法にしても語彙にしてもそれほど難しいことは必要ありません。あれこれ、単語をくっつけて、かっこいい文にしようとか、長い文のほうがネイティブっぽいとか思ってしまいがちですが、そのほうが圧倒的に伝わりにくいんです。

日常会話はシンプルに、短い文で十分伝わります。

残念ながら、多くの人は、中学レベルの英語で日常会話が話せるという事実に気付いていません。

中学程度の英語なんか・・・と思っていたり、日常会話のレベルはもっと難しいと思っていたりしていて、難しい英語に先に手を出してしまう、英語初心者の人が陥りやすい罠なんです。

1-1.中学英語をおさらいする

もしあなたが、英語を日常会話程度でいいから話せるようになりたい!と思うなら、中学の英語3年間分をおさらいしてみることをオススメします。

3年分をおさらいするというと、すごく多いように思うかもしれませんが、最初は「Hi! I’m Taro.」の簡単なレベルですから、だれでもわかるのでおさらいする必要のないレベルです。

“日本人が苦手な英文法も実は簡単”
また、多くの日本人が英文法が苦手とよく聞きますが、TOEICも英会話も楽しくなる中学英語の文法14選の記事にあるような簡単な文法だけで全然十分です。

中学英語を学びなおして、しっかり基礎を実際に作ってもらえたらわかると思うのですが、中学英語の基礎をしっかりおさらいしたころには、簡単な日常会話レベルがある程度話せるようになるでしょう。

英語学習において、この基礎ができているということはとても大切なことなんです。基礎ができると、あとはバリエーションをつけていく、表現や文法を少しずつ加えてアレンジしてくだけです。この基礎に一番時間がかかり、基礎ができてからは英語は加速度的に上達していきます。

1-2.英語を書いたり話したりする機会を増やす

間違ってもいいから自分で英語の日記を書いてみることをおススメします。

日常会話は、言葉のキャッチボールで成り立つものですが、日本人はどうしても自分から話すということが苦手です。

特に、英語の授業では、読んで訳することに重点を置いて授業が行われます。そのため、自分が言いたいことを英語にすることが苦手な人が多いのが現実です。

この問題を克服して会話のキャッチボールができるようになるためには、意識して英語を書く、英語を話すという表現する練習をすることが大切です。

だからこそ、英語で日記を書くことが一番いいのです。この場合も、長く書く必要はありません。短く、端的に、5文字程度から初めてもよいです。無理をせず、繰り返しすること、続けることが英語の練習では大切です。

1-3.ネイティブの英語の言い回しを盗む

英語でネイティブまたは、英語が上手な人と会話している時は、語彙を増やすチャンスです。

実際にネイティブがいない場合は、映画やドラマで最短で上達する英語の勉強方法と3つの手順で紹介している方法が無料で出来るので手軽で効率的です。

ネイティブの言い回しを聞いていると、「そんな言い方もできるんだ」という発見があると思います。そんな発見をした時は、語彙力を増やすチャンスです。ネイティブの会話を盗んで、次回の他の誰かの会話の時に、使いましょう。これを意識して、行うと、どんどん英語の日常会話の表現力の幅が広がっていきます。

2.英語の日常会話が上達するための重要ポイント

ネイティブのように、スムーズに日常会話を英語で楽しむようになるには、特に初心者が押さえておきたいポイントがあります。

2-1.実際の英語の日常会話はシンプルにする

中学生レベルの基礎を勉強している初心者であれば、できるだけ短く簡潔に英語にして伝えましょう。

そのほうが、相手に正確に伝えたいことが伝わりやすいです。3~5語ぐらいの短い文ばかりならべても、案外言いたいことを表現できます。これくらいの文章で、自分の意思が相手に伝えられるようになる頃には、話し相手の表現などからもう少し長い文の使い方を学んでいるので、無理なく長めの文章も会話の中で使えるようになるでしょう。

上達にはこのステップが大事なのです。

2-2.英語の日常会話は「あいさつ」が重要

日常会話で最も使われるのがあいさつです。

あいさつは簡単でシンプルなのでおろそかにしてしまう人も多いのですが、コミュニケーションの基本はあいさつからで大切なものです。

英語を上手に話す人はあいさつを大切にしている人が多いです。

あいさつを大切にすることで、会話の幅も広がります。会話の幅が広がることで、英語でコミュニケーションする時間、英語に触れる時間が増えて英語力がどんどん伸びていきます!

ここでは、日常生活の基本であるあいさつの流れ、あいさつのフレーズ、あいさつの際に気をつけることを確認していきましょう。

2-2-1.「出会い」のあいさつフレーズ

まずは、出会いのあいさつです。

下記の日本の中学で習う基本のあいさつから確認してみましょう。

John: Hi, Yoko.(やあ、ようこ)
Yoko: Hi, John. How are you?(やあ(こんにちは)、ジョン。元気?)
John: I’m fine, thank you. And you?(元気だよ。ありがとう。君は?)
Yoko: Fine, thank you.(元気。ありがとう。)

中学校の最初の授業で習う会話です。基本中の基本ですね。この会話でのポイントは、元気?ときかれたら、お礼と、「あなたは?」と聞き返すことです。

この基本の会話を確認したら、少し応用してみましょう。

2-2-1-1.How are you? の返事を工夫する

How are you? に対しての返事を工夫してみましょう。

日本人に多いのですが、「How are you?の返事= I’m fine, thank you.」という公式が頭の中にでき上がっていて、そのまま機械的に暗記している人も多く、いつもFine.で答えてしまいます。

How are you? は日本語に訳してしまうと、「元気ですか?」と訳されてしまいますが、元気かどうかだけを聞いているわけではなく、話しのきっかけとして決まり文句で言う言葉です。ご近所さんに、「こんにちは、天気がいいですね」と話す時に似ています。お互い、天気にそれほど興味があるわけではないけれど、会話の入り口として天気を使っているだけですよね。

日本語に置き換えて考えてもらえればわかりやすいと思いますが、お友達に、会うたびに、「元気?」と聞いて「元気だよ。」と機械的に毎回答えられたら、つまらない人だなと思ってしまいますよね。

先ほどの、ご近所さんとの天気の会話もそうですが、「こんにちは、天気がいいですね」と言われて、「はい、天気がいいですね。」だとすごくつまらないし、良い関係は築けませんね。毎回同じ返事にならないように、そして、相手が話を広げやすい返答を心がけますよね。それと、同じで、返答の言葉を少し変えてみたり、そこから話を広げようとすることが大切です。

実は、How are you? には、いろんな返答の方法があります。良く聞く、フレーズもありますし、オリジナルな返答もOKで、答えの数は無限にあります。すごくシンプルで、日常会話ではいつも聞く質問ですが、すごく奥が深いんですよ!

その中でも、代表的な返し方をいくつかご紹介します。

    “代表的な一言での返事例”

  • I’m great. (すごく調子がいいよ)
  • Never been better. (今までにないくらい調子がいいよ)
  • I’m good. (いい調子だよ)
  • I’m OK. (まあまあかな)※良くはないけど、特に悪くもない
  • Not bad. (悪くはないかな)※良くもない
  • I’m tired. (疲れている)
  • I’m sleepy. (眠たいよ)

どうでしょうか。これだけ覚えるだけでも、答え方の幅がひろがりますね。

Fineやgoodのように、普通(ちょっとよい)以外の良い調子や悪い調子の場合は、その返答の後に、理由や近況を少し話して、そこから会話を広げます。

もちろん、普通の場合でも、何か付け足せたら話しを広げるのがベストです。相手によって、差し支えない内容を選ぶ必要がありますが、「この前のテストの点数とてもよかったんだよ!」とか「最近忙しくて、つかれてるんだよね。」など、他愛もない内容でいいので、まずは、プラス1文からトライしてみましょう。

    “プラス1文の返事例”

  • I feel great because I’ve just finished final exams. /期末試験が終わって、とってもいい気分だよ。
  • I’ve been very busy. /忙しくしてるんだよね。
2-1-1-2.How are you? を他の言い方にする

慣れてきたら、How are you?の質問を他の言い方に変えることができます。

いくつか、一般的な物をご紹介します。どれも、正式な場では使えない少しくだけた表現なので、友達同士で使うと良いでしょう。

    “代表的な質問の例”

  • How’s it going?(調子はどう?)※How are you?と意味はほとんど同じです。少しくだけた表現で、友達に使います。
  • How are you doing?(調子はどう?)※How’s it going?をさらに少しくだけさせた言い方です。友達同士で使います。
  • What’s going on?(最近、どうよ?)※上の二つをさらにくだけさせた表現です。直訳すると「何が起こっているの?」となりますが、挨拶で使う場合は「どうよ?」くらいの意味です。
  • What’s up?(どう?)※これは、仲の良い友達同士で使う、スラング的な言葉です。この中で一番くだけた形です。「Not much.」と答える場合が多いです。

これらは、英語の日常会話のあいさつでよく出てきます。最低限、How are you?と似た意味で使われる表現だということは覚えておいたほうが良いでしょう。

ビジネスや英会話で使い分けが一目で分かる英語での挨拶|英会話やビジネスでも使える厳選10パターンの記事も是非参考にして下さい。

2-2-2.久しぶりに会った時のフレーズ

久しぶりに会った時も様々な表現があります。

ここまで紹介してきた、あいさつは、普段あう人と道でばったり会った時に、「やあ、どう?」「こんにちは、どうですか?」と聞く時に使う表現です。

では、久しぶりにあった時はどのようにあいさつしたらいいのでしょうか?

    “代表的な「お久しぶり」のあいさつ例”

  • I haven’t seen you for long time. ※しばらく見なかったねというニュアンスです。
  • It’s been long time since we met.
  • Long time no see. ※よく使いますが、少しくだけた表現です。

このあとに、How are you doing? (どうしてた?元気にしてる?)などと続けると自然です。

英語で久しぶり|メールや英会話でそのまま使えるフレーズ8選の記事でも詳しく、音声付きで説明していますので参考にして下さい。

2-2-3.別れ際のあいさつフレーズ

出会いのあいさつも重要ですが、別れ際のあいさつも大切にしたいです。

別れ際の、あいさつの仕方ひとつで、あなたの印象がかわります。スムーズに別れを切り出して、印象よくあいさつするために使えるフレーズをご紹介します。

2-2-3-1.別れを切り出すあいさつ

別れのあいさつのまえに、「そろそろ行かなくちゃ」と切り出してワンクッションおきましょう。

    “そろそろ行かなくちゃ(フレンドリーな言い方)”

  • I have to go now.
  • I’d be better going.

少しフォーマルな言い方もあります。

例文:It’s been nice talking to you, but I should be going now. /とても楽しいお話し中ですが、そろそろ行かなくてはなりません。(丁寧な言い方)

※shouldを使うことで、残念な思い、本当は行きたくないけれどというニュアンスを含めています。

2-2-3-2.出会いへの感謝を表現する

「そろそろ行かなくちゃ」と伝えた後は、出会いへの感謝の言葉を伝えます。

    “感謝のあいさつ例”

  • 会えてよかったわ → Nice seeing you.
  • 話せてよかったわ → Nice talking to you.(または、Good talking to you.)
  • 連絡取り合おう → (Let’s)Keep in touch.
  • お目にかかれてよかったです → It’s been a pleasure to meet you.※丁寧な言い方で友達同士ではあまりつかいません。
  • お話しできて楽しかったです → I enjoy talking to you.
2-2-3-3.別れのあいさつ

出会いへの感謝を伝えたら、「じゃあね」「さよなら」別れのあいさつをします。

    “別れのあいさつ例”

  • See you. /またね。※日々会う友達へはGood byeなどの「さよなら」とは言いません。
  • See you on Monday. /月曜日にね。※次に会う日が分かっていたら、曜日を入れたりもします。
  • See you soon.(See you later.)/じゃあね。※など、See you.に少し足した表現もあります。Soonやlaterと言われたからと言って、すぐに会う予定があるわけではない場合もあります。
  • Take care. /元気でね。
  • Good luck. /頑張って。
  • Have a nice weekend. /良い週末を。※金曜日に学校や、職場で友達に別れの挨拶をする場合に良く使います。
  • Have a nice holiday. /良い休暇を。※相手が長期休暇に入る場合に使います。

この他にも、単にBye!じゃあね!でもOKです。Bye for now. などもたまにいます。

Good bye.は英語としては正しいですが、普段会った時の会話では頻繁に使いません。言葉としては少し重いです。「さようなら」とはっきり別れを告げてしまうより、次に会おうねというニュアンスを残すことがお互い気づかいとして大切です。Good bye. 気軽な「さようなら」ではなく、「もう合わないよね」とか「私、帰るから」というような、変な意味に取られてしまうことがあるので、あまり使わないようにしましょう。

2-2-4.あいさつと握手

日常会話で重要なのはあいさつの言葉だけではありません。

日本人はあいさつで、おじぎをしますが、英語のコミュニケーションでは、あいさつの時におじぎのかわりに握手をします。握手は、強すぎない程度に、しっかり握り、相手の目を見ながらするのがよいです。

握手を差し出すのは、女性もしくは、目上の人からというルールがあります。英語でのコミュニケーションでは、言葉と同じくらいに、この握手のような動きも大切にします。

2-3.日常会話をスムーズにするフレーズ

英語のあいさつ以外で、日常会話をするうえで、知っておくと会話がスムーズになるフレーズがあります。いろんな場面で使えるので是非覚えて下さい。

    “押さえておきたい日常会話フレーズ”

  • Excuse me. Could you speak slowly? /すみません、ゆっくり話していただけますか?
  • I don’t understand. /わかりません。(意味が理解できていません)※わからないというのは失礼と思ってしまうかもしれませんが、英会話ではわかってないのに、わかったふりをしているほうが失礼にあたります。
  • What did you say? /何ておっしゃったんですか?
  • Could you say it in a different way? 他の言い方で説明していただけますか?
  • Could you repeat it? /もう一度言っていただけますか?
  • Excuse me? (Sorry?)/すみません、もう一度言ってもらえますか?
  • What does it mean? /どういう意味ですか?
“What does it mean?は使える!”
わからない単語を辞書で調べるのもいいのですが、会話中だと話が途切れてしまうのでで、できれば辞書は使いたくありませんね。そんな時に、相手にWhat does it mean?(または、What do you mean?)と聞いてみましょう。英単語を、英語で理解することができますし、お互い、何とか英語で理解しようと、一生懸命やり取りすることで、単に辞書で調べた単語より身に付きやすいです。

2-4.日常会話の話し方

会話をするときは、少しゆっくりかなと思うくらいで、はきはきと話しましょう。

ちょっとした、ポイントなのですがとても大切です。自信がない人の場合、英語が間違っているのではなく、小さく早く話しすぎて何を言っているかわからないということがあります。もったいないですね。間違ってもいいので、はっきり話しましょう。

また、なぜか、日本人は自信がない時に、アクセントを語尾が上げてしまう方が多いです。肯定文は語尾が下がります。日本語でも同じですが、疑問文でもないのに、語尾が上がるとすごく不自然に聞こえますね。ここを意識するだけで、同じ英語を話していても、伝わり方、うける印象が違うでしょう。英語で会話する上で、話し方は重要なポイントです。意識をしてみましょう。

まとめ:あいさつは英語の日常会話のスタート地点

出会いの際は、話を広げる努力が必要ですし、去り際は、名残惜しいことを伝え次の出会いや今後の関係に繋げるための気づかいが大切です。

色んなシーンの日常会話を、マスターするには多少時間がかかるかも知れませんが、あいさつだけならすぐにできますね。ぜひ、このあいさつのひとつひとつを大切にしてみてください。

むやみに、機械的に暗記した言葉を言うのではなく、その場にふさわしい言葉は何なのか。毎回ちょっとだけ考えて選ぶように心がけてみましょう。難しく考えすぎなくてOKです。ちょっと、考えてみるという努力が大切です。そして、言葉だけじゃなく、気持ちを込めてあいさつを毎回してみましょう。あいさつを大切にすることを心がけていると、会話の幅が広がり、英会話力も自然と身についていくことに気づくでしょう。

たかが、あいさつ。されど、あいさつ。まずは、自分から、元気よく気持ちをこめてあいさつするように心がけてみましょう。英語だけに限らず、何事においてもそうですが、基本を大切にできる人は強いです。そこから、ぐんぐん伸びていきます。

日常会話を話せるようになりたいと思ったら、ここでお伝えしたコツも意識してみてください。しばらくすると、英語がどんどん話せるようになっていることに気づくでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計5万0251人が体験中の無料勉強法
(2017年9月20日現在)


●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta