著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「注意」の英語|4つの基本単語の発音と関連するフレーズ他

のべ5,176がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「注意」は日常でよく使う表現ですよね。

英語では、危険に対する「注意」の表現だけでも色々あり、ニュアンスの違いが良くわからないという人も多いのではないでしょうか。

日本語ではたった一つの言葉である「注意」だけで済むのですが、英語では違う表現を使い分ける必要があります。

そこで、ここでは「注意」の意味がある基本の英語の意味や「注意する」のフレーズをご紹介します。「注意報」など「注意に関する表現も、あわせて確認しましょう。

目次:
1.色々ある「注意」の英語と使い方
1-1.英語の「attention」で「注意」を表現
1-2.英語の「notice」で「注意」を表現
1-3.英語の「caution」で「注意」を表現
1-4.英語の「warning」で「注意」を表現
2.「注意して!」や「気を付けて!」の英語フレーズ
2-1.英語の「Be careful.」で「注意して!」を表現
2-2.英語の「Watch out!」で「注意して!」を表現
2-3.英語の「Beware of ~」で「注意して!」を表現
2-4.英語の「Keep an eye on ~」で「注意して!」を表現
3.「注意」に関連する英語表現

1.色々ある「注意」の英語と使い方

日本語の「注意」は様々な意味があります。

英語ででの危険などに対する「注意」の意味がある基本単語を4つ紹介します。

それぞれ、ニュアンスの違いがあるので、詳しく確認しましょう。

1-1.英語の「attention」で「注意」を表現

「attention」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
アテンション
http://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/01/attention.mp3
əténʃən

「attention」は、英語でとてもよく使う表現です。「気を払う」「意識を向ける」「注意を向ける」という意味です。

危ないことに「注意を向ける」だけではなく、大切な人などを「気にかける」ことや、「気配り」「配慮」等の意味もあります。

熟語で良く使われる「pay attention to ~」は、「~に注意を払う」という意味になります。

1-2.英語の「notice」で「注意」を表現

「notice」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
ノーティス
http://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/01/notice.mp3
nóʊṭɪs

「注意書き」や「お知らせ・告知」などに使われる表現です。

元々の意味は「通知」「告知」で、「危険」や「警告」などネガティブなことに限らず、「大切なポイントなので注意を払ってください」というような場合にも使う表現です。

「最終告知」は「final notice(ファイナル・ノーティス)」で表します。

1-3.英語の「caution」で「注意」を表現

「caution」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
コォゥション
http://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/01/caution.mp3
kˈɔːʃən

「caution」は、危険なものに対する「注意」です。「警告」のような、強い「注意」ではなく、普通のレベルの「注意」に使う表現です。

「caution」は「要注意」という意味でも使います。

1-4.英語の「warning」で「注意」を表現

「warning」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
ウォーニング
http://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/01/warning.mp3
wˈɔɚnɪŋ

「警告」「警報」などの強い意味もある、「注意」です。

電化製品の説明書に「warning!」と書かれている場合は、「警告!」「危険!」という強い「注意」を表わしています。

「してしまうと危険なこと」など禁止事項に関する「注意」や、逆に「必ずしなければいけないこと」に対する「注意」などに多く使われる表現です。

2.「注意して!」や「気を付けて!」の英語フレーズ

健康についてや、危険などが想定される場合などに「注意して!」「気をつけて!」ということがありますよね。

「注意して!」「気をつけて!」のフレーズは、日常生活でもよく使う表現なので確認しましょう。

2-1.英語の「Be careful.」で「注意して!」を表現

「Be careful.」は、危ないことや危ない場所などに「気をつけて!」「注意してね!」という注意喚起を促す表現です。

  • 英語:Be careful.
  • 音声:http://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/03/be-careful.mp3

「大きな危険」ではなくても、「コップは割れやすいから注意してね!」など、ちょっとした「注意」にも使われる表現です。

似た表現で「Take care.」がありますが、微妙にニュアンスが違います。

「Take care.」は、危険ではないことにも使います。「身体に気をつけて」「お大事に」という場合や、「帰り道に気をつけてね」などにも使います。特に強い意味がなく「元気でね!」くらいの意味で、別れ際のあいさつとしても使います。

「お大事に」の英語|風邪や病気の相手を励ます7つの表現』の記事も参考にして下さい。

2-2.英語の「Watch out!」で「注意して!」を表現

「watch」は、元々「動きがあるものを見る」という意味があります。そこから、「注意をそらさず、しっかり見る」、つまり「注意する」という意味でも使われます。

相手が気づかない危険が迫っているときなどに、「Watch out!」(注意して!)と警告でよく使います。

  • 英語:Watch out!
  • 音声:http://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/03/watch-out.mp3

具体的には、上から物が落ちてきてその人にあたりそうな時、なにかにぶつかりそうな時などです。

似た意味で「Look out!」という表現もります。

同じ「watch」を使った表現で、「Watch out your mouth!」というと、「言葉づかいに気をつけろ(注意しろ)!」という意味になります。「mouth」は「tongue(舌)」とする場合もあります。

また、「Please watch your step.」は、「足元に注意してください!」という意味でよく使われる表現です。電車でのアナウンスでも聞く表現ですね。

2-3.英語の「Beware of ~」で「注意して!」を表現

「Beware」は「注意する」「用心する」という意味があります。

「猛犬にご用心!」「凍結注意!」など「用心」の意味で多く使います。

  • 英語:Beware.
  • 音声:http://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/03/beware.mp3

似た表現で「Be aware of ~」がありますが、こちらは「~を知っている」「~に気づいている」で、こちらは危険なこと以外にも使う表現です。

2-4.英語の「Keep an eye on ~」で「注意して!」を表現

危険がある場合などに、「~から目をはなさないように注意してね」「見張っておいてね」という意味で使う表現です。

  • 英語:Keep an eye on him. ※「彼を見張っておいて」となります。
  • 音声:http://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/03/keep-an-eye-on-him.mp3

子供たちを、だれかに預けるときに「目を離さないでね!」と言ったり、料理で揚げものをしている時に「油から目を離さないで!」と言ったりする場合にも使えます。

3.「注意」に関連する英語表現

「注意を怠る」など、「注意」に関連する用語を確認しましょう。

  • 「警告」:warning
  • 「注意力」:attentiveness(アテンティヴネス) ※「attentive」は「注意する」の単語の1つです。
  • 「注意を怠る」:careless(ケアレス) ※「careful(ケアフル)/注意する」の対義語です。
  • 「注意をそらす」:divert someone’s attention ※「divert(ダイヴァート)」は「わきへ向ける」「そらす」という意味です。「someone’s」は「his(彼の)」などの所有格などが入ります。
  • 「要注意人物」:a person to watch out for、a parson on a blacklist ※「blacklist(ブラックリスト)」は日本語とても使いますね。
  • 「注意書き(注釈)」:notes ※指図が書かれているものは「instruction(インストラクション)」です。
  • 「注意散漫な」:inattentive(イナテンティヴ) ※上記の「attentive」の対義語です。
  • 「注意信号」:warning signal ※「signal(シグナル)」は「信号・サイン」です。
  • 「注意報」:a warning ※「waring」の前に「a」を入れるので注意です。「雷注意報」は「a lightning warning(ア・ライトニング・ウォーニング」「強風注意報」は「a gale warning(ア・ゲイル・ウォーニング)」、「波浪注意報」は「a high waves warning(ア・ハイ・ウェイヴ・ウォーニング)」です。
  • 「(注意報が)発令される」:issue ※「issue(イシュー)」は「発行・発令する」で使われる英語です。
  • 「注意を払う」:pay attention(ペイ・アテンション) ※「pay attention to~」は「~に注意する」です。命令形で「Pay attention!(ちゃんと聞いて!など)」とする場合も多いです。

まとめ:「注意」の英語はとりあえず基本を押さえよう!

「注意」の表現は毎日の会話の中でもよく出てきます。まずは、ここでご紹介した基本単語の意味、使い方を覚えましょう。

ニュアンスなどで使い分けが必要なのでその点は「注意」しましょう!

「Be careful.」などの「注意して!」という英語フレーズも、日常で多く使うものばかりなので知っておくと便利ですが、その都度マスターする感じでOKです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計4万6387人が体験中の無料勉強法
(2017年7月22日現在)


●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta