著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

5つもある!「調整(する)」の英語の使い分けや関連表現

のべ487がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「調整」には、「温度調整」「スケジュール調整」など様々な表現があり、日常だけでなくビジネスでも多く使う表現です。

日本語の「調整」は、このように様々な意味で使われますが、英語での「調整」は様々な単語を使い分ける必要があります。

1つの単語だけでは表現できないのが「調整(する)」です。

よってここでは、「調整(する)」の英語の使い方や英会話にも役立つ!様々な英語表現を詳しくご紹介します。

目次:
1.「調整(する)」の様々な英語
1-1.英語の「accommodate」で「調整(する)」を表現
1-2.英語の「adjust」で「調整(する)」を表現
1-3.英語の「regulate」で「調整(する)」を表現
1-4.英語の「control」で「調整(する)」を表現
1-5.英語の「coordinate」で「調整(する)」を表現
2.「調整(する)」の英語の使い方や関連表現

1.「調整(する)」の様々な英語

日本語の「調整する」には様々な意味があり、英語に訳す時には単語を使い分ける必要があります。「調整する」という意味の基本英語を見てみましょう。

1-1.英語の「accommodate」で「調整(する)」を表現

「accommodate」の発音は下記となります。

読み方
音声
発音記号
アコモディト
http://mysuki.jp/wp-content/uploads/2016/01/accomodate-2.mp3
əkάmədèɪt

「宿泊する」という意味でよく使われる「accommodate」ですが、「融通する」という意味もあります。

文化、考え方等に対立、差異、相違がある時、それを「調整する」という意味で使う表現です。

「accommodate」の名詞形「調整」は「accommodation(アコモディション)」です。

1-2.英語の「adjust」で「調整(する)」を表現

「adjust」の発音は下記となります。

読み方
音声
発音記号
アジャスト
http://mysuki.jp/wp-content/uploads/2016/01/adjust-2.mp3
ədʒʌ’st

「合わせる」、「調整する」という意味の表現です。

意見の食い違いや、論争、対立などがある時、「調整する」という意味で使う表現です。

「adjust」の名詞形「調整」は「adjustment(アジャストメント)」です。

名詞形の「adjustment」を使って、「make an adjustment」でも「調整する」という意味で使えます。英会話でも良く使われる表現の1つです。

1-3.英語の「regulate」で「調整(する)」を表現

「regulate」の発音は下記となります。

読み方
音声
発音記号
レギュレィト
http://mysuki.jp/wp-content/uploads/2016/01/regulate.mp3
régjulèit

「規制する」、「統制する」と言う意味があり、そこから「整える」「調整する」という意味でも使われる表現です。「律する」、「規則正しくする」などの意味もあります。

音の「チューニング」「調律」、温度の「調整」、時計の時間などの「調整」など、本来の数値、あるべき形に「調整する」場合にはこの表現を使います。

「regulate」の名詞形「調整」は「regulation(レギュレェイション)」です。

1-4.英語の「control」で「調整(する)」を表現

「control」の発音は下記となります。

読み方
音声
発音記号
コントロォゥル
http://mysuki.jp/wp-content/uploads/2016/01/control-2.mp3
kəntróul

「制御する」、「統制する」、「規制する」という意味があります。「湿度調整」などは、この「control」を使います。

「control」は名詞形「調整する」も同じ「control」で、発音も同じです。

1-5.英語の「coordinate」で「調整(する)」を表現

「coordinate」の発音は下記となります。

読み方
音声
発音記号
コォディネト
http://mysuki.jp/wp-content/uploads/2016/01/coordinate.mp3
koʊˈɔɚd(ə)nət

もともとは「同等の」や「同格の」という意味です。

作業や行動、物事の動きなどを「調整する」場合に使う表現です。仕事の予定、スケジュールの調整等にも使います。

「coordinate」の名詞形「調整」は「coordination(コォーディネィション)」です。

2.「調整(する)」の英語の使い方や関連表現

「音量の調整する」や「意見を調整する」など様々な「調整」に関する表現を見てみましょう。

先ほど紹介した単語の中からどの「調整」の表現が使われているのかにも注目して確認してみてください。

  • 「スケジュールを調整する」:coordinate the schedule ※ミーティング等のスケジュールの場合、動詞は「arrange」(アレンジ)を使う時もあります。
  • 「時計を調整する」:regulate a clock ※「clock(クロック)」は「~時」というだけではなく、時計自体を指す時も使います。
  • 「温度を調整する」:regulate the temperature ※「temperature(テンペラチャー)」は「温度」という英語です。
  • 「スピードを調整する」:adjust the speed
  • 「(学力などの)レベルに合わせて調整する」:adjust the level
  • 「音量を調整する」:adjust the volume
  • 「色を調整する」:adjust the color
  • 「(スカートやズボンなどの)長さを調整する」:adjust the length ※「length(レンクス)」は時間や物の長さに使える単語です。
  • 「(テレビなどの)画像を調整する」:adjust picture ※「picture(ピクチャー)」は「絵」、「写真」などの意味もあります。
  • 「(飛行機などで)高度を調整する」:control the attitude ※「attitude(アティトゥード)」は「態度」という時にもよく使う単語です。「bad attitude」は「悪い態度」となります。
  • 「(会議などで)意見を調整する」:iron out difference of opinion ※「iron out(アイロン・アウト)」は、元々は「(衣類などに)アイロンをかける」、「アイロンをかけてしわをのばす」という意味ですが、その他に「調整する」、「円滑にする」、「(問題などを)解消する」などの意味があります。
  • 「再調整する」:readjust ※「adjust」に「re」を付けて「再調整する」にしています。
  • 「微調整」:slight adjustment ※「slight(スライト)」は「少々の」という単語です。
  • 「調整中」:Under Repair ※故障などの場合に「調整中」と掲示する時に使う表現です。「repair(リペア)」は「修理(する)」という意味です。
  • 「年末調整」:a year-end adjustment ※「year-end(イヤー・エンド)」は「年末の」という意味です。
  • 「湿度調節」:humidity control ※「humidity(ヒューミディティー)」は「湿気」という意味で、「湿気がある」という形容詞は「humid(ヒューミッド)」となります。
  • 「水分調整」:moisture control ※「moisture(モイスチャー)」は「湿気」や「水分」という単語です。
  • 「為替調整」:exchange control ※「exchange(エクスチェンジ)」は「交換する」という動詞としても使います。
  • 「風量調節」:air volume control
  • 「生産調整」:production adjustment ※「production(プロダクション)」は「製造・生産 」という意味です。
  • 「資金調節」:fund adjustment ※「fund(ファンド)」は「基金」という単語でもあります。
  • 「人材の調整」:arrangement of human resource ※「human resource(ヒューマン・リーソース)」はビジネスの場面でもよく使われます。
  • 「サイズ調整可能」:size adjustable ※「adjustable(アジャスタブル)」は「adjust」に「able(出来る)」という単語を付けて、「調整することが可能な」という形容詞にしています。このような単語は多くあります。
  • 「音質調整」:tone control ※「tone(トーン)」は「音質」という単語です。「声のトーンが高い」など日本語でも使いますね。

まとめ:「調整(する)」の英語はニュアンスを掴もう!

「調整する」は様々な英単語があり、ニュアンスが違うのでそれぞれ使い分けられるようにしましょう。

しかし、今すぐ全てを完ぺきに使いこなす!ということは無理があります。よって、関連表現で紹介した表現も参考にして、実際の英語表現で使いながら少しづつマスターていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計4万4548人が体験中の無料勉強法
(2017年6月21日現在)


「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・」
「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・」。
「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta